将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

速攻振り飛車大全を買いました[追記あり]

どうも、こんばんは。久しぶりに棋書の紹介ですよ。

今回紹介する棋書、実は振り飛車を指し始めた頃から持ってたんですが、買ってわずか数日で無くしちゃったんです。しかも、無くしたことすら忘れてしまってて、今回、他の棋書をネット注文する際にたまたま思い出した棋書でして、ホント申し訳ないです。

ところで、「速攻」という言葉は、とあるスポーツの強豪校の監督が掲げた造語らしいです。

しかし、個人的にこの言葉を全国区に押し上げたのは間違いなく、スラムダンク井上雄彦先生だと思います。井上雄彦先生は凄いですね。
読んだことないけど

今回は「速攻」がテーマの棋書です。

速攻振り飛車大全
(創元社 鈴木大介)

本書は向かい飛車、三間飛車四間飛車中飛車の4つの振り飛車別に速攻策を解説した棋書です。2011年に書かれたものなので目新しい内容はありません。

現在発売されている級位者向けの攻める振り飛車の棋書だと先手中飛車ゴキゲン中飛車と戦型が中飛車に限られると思います。

ですが、本書は中飛車だけでなく、他の戦型の速攻策も扱ってるのが特長で、級位者向けに振り飛車でも積極的に攻める方法と考え方を説いた棋書は少ないので一見重宝しそうなんですが...

本書で取り上げている速攻策は戦型毎にテーマが決まっています。テーマは後述しますが、居飛車対策の中のどこが困っているのか把握していないと意味が無いですし、さらに振り飛車の基本戦術をある程度理解していないと本書はオススメできません。その点を考慮してください。

今回は私が無くした棋書を買い直しただけなんで、本書が人に勧められるとは思ってないんですが、買い直したのも何かの縁ですし、簡単にでもいいから書いておこうかと思います。


本書は向かい飛車、三間飛車四間飛車中飛車の順に解説してあります。向かい飛車から先に解説するのは珍しいですね。

手番ですが、中飛車だけ後手番で、他は全て先手番が振り飛車の解説になってます。

本書は角交換を避けた戦い方が多いのが特徴で、角交換振り飛車以外での積極的に攻めていく振り飛車を覚えたい方にオススメします。


・第1章 速攻向かい飛車

角道を止めない、自ら積極的に攻める向かい飛車の解説です。

最初に最序盤で振り飛車側からの角交換が失敗する理由を解説してる棋書は珍しいです。はじめて向かい飛車を指す方は参考になるかも知れません。


・第2章 速攻三間飛車

居飛車穴熊対策の三間飛車の解説です。穴熊を素早く組んだら速攻策を、じっくり組んできたら圧力をかけていく攻め方を指南してます。

戦型が三間飛車藤井システムのような独特な形ですが、昨年マイナビさんから出ている佐藤和俊先生の「緩急自在の新戦法!三間飛車藤井システム」よりも古いです。

有段者で三間飛車藤井システムを勉強するなら、佐藤和俊先生の棋書の方をオススメします。


・第3章 速攻四間飛車

立石流の解説です。私が本書を買い直した一番の理由は本章の立石流です。

前に紹介した立石流の棋書が※古かったので揃えにくいです。本書はそれらと比べると比較的揃えやすく、また、新しい手順の解説と立石流を指す際の注意点を交えた解説が良いところです。

※マイコミ 新スーパー四間飛車
創元社 振り飛車奇襲戦法①
二冊とも共に小林健二先生です


・第4章 速攻中飛車
三間飛車の項目と同じく居飛車穴熊対策ですが、本章のみ後手番での解説です。

創元社さんの棋書は入門者や級位者へ配慮したレイアウトが多く、後手番の場合は予めひっくり返して表記することでそのまま読めるなどの工夫がされているんですが、本書はレイアウトが通常通りの配置です。

初級者には読み慣れないかも知れませんが、一般的な棋書ではごく普通のレイアウトなので、食わず嫌いせずに慣れた方が後々良かですよ。

それと、中飛車の速攻策だからといって、ゴキゲン中飛車の解説ではないので注意。

角道を閉じた中飛車で、「矢倉流中飛車」っぽいですが、私は矢倉流中飛車全く知りません。あと、「矢倉中飛車」ではありません。

居玉こそ避けてますが、美濃囲いを完成させずに速攻をかけていく、激しい戦い方の解説です。

あと、千日手狙いの指し方も解説してます。


本書は正直、オススメし難いんですが、私みたいに立石流が好きな方や角交換しない振り飛車をもう少し勉強したい方にオススメします。

他の棋書の紹介はまだ届いてないので、もう少し遅れると思います。その内の一冊は在庫切れらしく、さらに遅れると思います。その棋書、絶版してないのが救いで、待ち遠しいです。

追記
在庫切れだと書いた棋書、この記事アップ直後に発送されたとメール来ました。嬉しいですねー。

ホントに紹介したい棋書はこれからですよ。
ふひひ。


[初心者と初級者向けの棋書の記事はこちらです]

[将棋アプリのまとめ記事はこちらです]

[将棋連盟の将棋講座の動画はこちらです]

[盤上の向日葵の攻略・級位者編はこちらです]

[デイジーをもう一輪攻略・級位者編はこちらです]

[これからはじめる人のための将棋
攻略記事はこちらです]

こんな拙い記事ばかりのブログ
読んで頂き、ありがとうございます。