将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

終盤力の強化におすすめスマホアプリ「机で将棋」

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、あいさつはここまでにして早速本題にいきますねー。

終盤力を養うには詰将棋がおすすめだと何度も書いてるこのブログですが、構想力も一緒に鍛えないとダメだとも書いています。

そして今回おすすめするアプリは構想力を鍛えることが多分出来ると思ったので紹介します。それは

机で将棋

というアプリです。名前は地味ですが結構ポップなデザインです。

広告が多いですが私は気にしてません。f:id:toufunokadohasokosokokatai:20190104202416j:plainこのアプリはネット対局も出来ます。このアプリのウリは多分、同社の他のアプリと連動するところやアバターのカスタマイズがメインだと思いますが私は全く触ってません(笑)

個人的にオススメするのは「チャレンジ」です。これ3×4将棋なんですけどCPUが相手してくれるのです。私はチャレンジしかやってません。

他の3×4将棋が出来るアプリがあるのは知ってるんですが使ったことないんで比較のしようがないんですけど、詰将棋と違って王手をかければ良いという訳では無いんです。

マスが少ない分、最初っからクライマックスなので短い時間で終盤力強化の練習が出来るのです。

最初の問題は王手かければすぐに詰んでしまう問題も多いんですけど、詰めろや必至をかけないと解けない問題もあって面白いと感じました。

普通の将棋と違って成れる場所や細かいルールの違いはあったり、問題の中には「相手の歩を全て取ってから勝つ」「成ってはいけない」などの変則ルールの問題があったりしますが、終盤の構想を練るプロセス自体は変わらないと感じたので今回紹介しようと思った理由です。f:id:toufunokadohasokosokokatai:20190104202749j:plainまた、他の将棋アプリと違って王手の放置が出来る(自殺手)のも特徴で、多くの将棋ソフトや対局アプリなら自殺手は出来ない仕様なので問題無いですけど、将棋ソフトに慣れすぎた方は実際に人と対局すると王手の見逃しをしてしまうことが結構あるんです。

そんなうっかりミスを繰り返す初心者もこれで失敗を重ねれば実戦ではミスを減らせるのではと特に思いました。f:id:toufunokadohasokosokokatai:20190104204533j:plain色々御託を並べましたが、えーと、まだ完全クリア出来てません(苦笑)

私はエリア7で足止め中です。一応1エリア中、4問解けると次のエリアに進めるんですけどね全部解くまで進めたくないんで、このまま頑張ります。

今のところエリア16までですが、それ以降にcoming soonと表示されているのでアップデート次第で問題は増えていきそうです。


皆さん。終盤力、詰めろと必至の強化に「机で将棋」どうですか?


[初心者と初級者向けの棋書の記事はこちらです]

[将棋アプリのまとめ記事はこちらです]

[将棋連盟の将棋講座の動画はこちらです]

[盤上の向日葵の攻略・級位者編はこちらです]

[デイジーをもう一輪攻略・級位者編はこちらです]

ご利用ありがとうございます。