将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

パソコン変えたのにマシンパワーが足りませんでした(笑)

4月に買い替えたノートパソコンの性能は前のノートパソコンと比べると、約2倍ほど高いスペックになってます。

そのノートパソコンで今一番使ってる将棋ソフトは激指です。私は8級前後で良く指すんですが、かなり快適に動くのでノンストレスです。

ところが、絶賛大苦戦中の右四間飛車駒落ちで対局すると一手一手が遅いです。

前のノートパソコンだと、中盤になると一手に数分かかることもあったので、比べるとそれでもかなり快適ですが、対局開始からパソコンのファンがフル回転するほどパソコンが健気に頑張っています。

最初っから形勢が不利なので、より良い手を指すために平手よりも多く計算してる印象ですね。
頼むから右四間飛車で勝たせてくれぃー

実は...CPUの性能だけがあまり変わってなくて、検討や解析のスピードは確実に早くなってますが、スペックが2倍と喜べる程では無いんです。

前にパソコンのことは調べたのでスペックのことは分かっても、CPU関連のことはよく分からなかったので、パソコンを使う仕事をしてる友達に見せてみると、「動画の編集や画像関係の処理には強いけど、単純に計算させるのはあまり向いてない。と言っても、このスペックの範囲での話であって、仕事に動画編集するなら使えないとバッサリだぜ。もうね、CPU変えるよりも、もっと良いスペックのノートパソコン、つーかもうデスクトップの方がコスパや騒音も解決するわ」と指摘されました。

うーん。ここまでの指摘はまだ大丈夫だったんですが、一番困ったのは将棋と全く関係ないところで、CDの書き込みが対応してないところでした(笑)
(ネット通販ではCD&DVD読み書き可能と書かれてました)

将棋ソフトを快適に動かすなら、もっと高いスペックが必要だと痛感しました。同じスペックでもノートパソコンよりも排熱効率が良い、デスクトップならまだ少し快適に使えそうですが、もしかしたら有段レベルに上げると一手指すのにもっと時間がかかるのかと思うと、今回のノートパソコンの購入を通して大まかな基準が出来たので、買って良かったと思いました。

ですが、購入した通販サイトに書かれていたスペック表と実際のスペックが微妙な開きがあるのが気になると指摘されたので、先述のスペックは当てにならないかもしれません。
(悪質性だと感じるほどでは無いらしい。購入サイトにあった電話番号にスペックのことを質問すると丁寧な対応でした。中古パソコン故、スペック表通りになることは難しいと陳謝されました)

将棋に関しては困ってませんが、CDを書き込むだけのために後付けのドライブが必要だと知った時は落ち込みました。
机を快適に使いたいからとノートパソコンにしたのに、幅とるじゃねーかと自嘲気味にツッコミましたよ。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]