将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

将棋ソフトの駒落ちで居飛車・振り飛車の簡易な適性テストみたいのが出来ます(多分)

何枚落ちでも、下手側は上手側の守りの薄い筋に攻め駒の利きを収束させる「数の攻め」が基本的な攻略になると思います。

ですが、下手側の居飛車振り飛車で結構攻めの考え方や駒の活用が異なってるんです。

居飛車だと歩や銀と桂、飛車角を攻めに参加させる時、縦に並べるように駒の利きを意識させます。これなら連続で攻めを畳み掛けることが出来て、攻められてしまってもヒモがついてるので、すぐに反撃出来ます。

駒落ちの落とした枚数と展開次第では、攻め駒を多く配置できれば、序盤でももう受けきれないとハッキリと分かりやすかったりします。

振り飛車だと居飛車と同じく、ヒモを意識しますし、攻め駒を縦に並ぶようにしますが、棋風によっては、こちらが相手より速く攻めることよりも上手の攻め駒の進め方を警戒することをより強く意識しているような気がします。

その場合は、飛車の横の利きを活かして相手の駒の進軍を牽制するように飛車を中段に展開することが良くあったなと感じました。

飛車を積極的に攻めに参加してないので、上手陣を攻めつぶすのに手数がかかりますが、振り飛車は「攻めるよりも攻められないように戦う」考え方が居飛車よりも意識してると比べて考えるのです。

居飛車振り飛車、どちらが駒落ちに対処しやすいということは無いと思いますけど、駒落ちを試してみることで自身が本当にその棋風で合ってるのか、ちょっとした棋風診断になると思いますよ。

棒銀四間飛車なら序盤の駒組みと基本方針はネットですぐに調べられるので、棋書を揃えなくても試せると思います。

飛車の横利きを強く意識する方が振り飛車らしいと先述しましたが、居飛車でも飛車の横利きは意識するので、適性の基準は「気分が乗るか乗らないか」だけです。これに関しては勝敗よりも「ノリ」が重要です。

勝利を意識するのは大事ですが、今回はモチベーションや自分らしい指し方を確認することを最優先にした話でした。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]