将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

将棋・基本戦法まるわかり事典 振り飛車編を買いました

どうも、お久しぶりです。

今回は久しぶりに棋書の紹介です。

文才が全く無いので上手くまとめる事が出来ず、記事を分けるのも難しかったので、凄く長ったらしい内容になりました。すみません。

えー、私は振り飛車党ですけど、最近は右四間飛車四間飛車ばかり指してまして、良く言えば居飛車振り飛車ともにバランス良く指してる日々を過ごしたり、過ごさなかったりしてます。

いま一度、振り飛車のことを再確認しようと思いつつもモヤモヤしてたところ、それに見合った棋書を見つけたので書いていこうと思います。

将棋・基本戦法まるわかり事典
(マイナビ出版 安用寺孝功)

本書は振り飛車の定跡、序盤の解説に特化した内容になってます。昔と比べると振り飛車は考え方も戦法も多岐に渡ってバリエーションが増えたので、こういう簡易でも良いので戦法をまとめてある棋書は初級者や級位者にはとてもありがたいです。

今のアマチュア間で良く見かける戦型を多く取り上げており、自分から攻めにいく現代の振り飛車を解説しているのが特徴ですが、これ一冊で振り飛車の戦法を覚えることは出来ません。あくまで基礎だということを考慮してください。

本書は定跡書、と言うよりも振り飛車のカタログのようなもので、振り飛車を始めたい方や私のように振り飛車の再確認、振り飛車のバリエーションを広げたい方にオススメです。

中には初級者ではあまり使われない戦法もありますが、振り飛車の基本を知りたい方なら知ってても損は無いと思います。

本書は、主な戦型の解説に入る前に取り上げる戦型の簡潔な説明があるので、振り飛車が全く分からなくても大丈夫です。
本書は四間飛車三間飛車中飛車メリケン向かい飛車が先手の解説。

メリケン向かい飛車を除いた向かい飛車と角交換四間飛車は後手の解説になってます。


四間飛車

対ナナメ棒銀
棒銀
対☖6五歩早仕掛け
居飛車穴熊
藤井システム
立石流


三間飛車

対急戦
居飛車穴熊対石田流☗7八金型
居飛車穴熊対トマホーク
居飛車穴熊対中田流
中田流対☖4四歩型居飛車穴熊
早石田 急戦
早石田対左美濃
早石田対居飛車穴熊
早石田対角交換型


・向かい飛車
メリケン向かい飛車を除き、後手の解説です。

対急戦
対一直線穴熊
対☗5七銀から居飛車穴熊
☖3二金対左美濃
☖5二金左型向かい飛車
メリケン向かい飛車


中飛車
本書では積極的に攻める手順の解説になってます。

対☖5四歩型
☗5五歩型中飛車
居飛車穴熊
対☖5四歩型持久戦
対角交換☖6四銀型
対角道不突き左美濃


・角交換四間飛車
角交換四間飛車は先手・後手どちらでも使えますが
本書は解説の焦点を絞るため、後手での解説です。
(千日手になりやすい手順の解説を省くため)

☗2四歩対策
棒銀
☖2四歩型
対銀冠持久戦
43戦法
43戦法対☗1五歩型


色んな振り飛車の定跡を解説すると先述しましたが、定跡だけでなく、その戦法毎に覚えてほしい最低限の手筋と振り飛車の考え方を述べているのが最大のオススメポイントです。

簡易とはいえ、良く見かける急戦形を押えてあるのもポイントです。


四間飛車の対居飛車穴熊では、中央に狙いをつけて攻め込む戦法である、鈴木システムの解説があります。この戦法を取り上げるのは珍しいですね。

鈴木システムを詳しく学ぶ前にどんな戦い方を知るには十分な内容です。ちなみに、今では鈴木システムを解説した新書は無いんですが、ネットで検索すれば中古本で簡単に手に入るので参考にどうぞ。

個人的に良く指してる立石流の解説もあります。以前の記事で立石流の棋書を紹介しましたが、立石流を簡単に説明するのは難しいです。

うーん。間違ってるかも知れませんが、立石流を超ざっくり言うと

石田流に指せてもらえるかどうか分からないから、相手よりも積極的に攻めて、先に攻めの形を築いてから石田流を目指す戦い方です。
これで伝わってますか?
つーか、この解釈あってる?

立石流は積極的に攻める反面、反撃される立て直すのが難しいことも良くある戦法です。取り敢えず、立石流のさわりだけでも良いので見てください。


三間飛車居飛車穴熊対策でトマホークを取り上げるのもポイントです。トマホークはアマチュアの方が考案した戦法で、近年ではトマホークを解説した棋書も出ています。
(マイナビ 三間飛車新時代)

ちなみに、トマホークを考案した方であるタップダイスさんが自ら解説した電子書籍があります。参考に。

それと早石田の解説に多く割いているのも面白いです。

早石田は入門書に載ってたり載ってなかったりする戦法です。入門書に載ってても、早石田よりもしっかりと囲う升田式石田流を推奨しているのがほとんどです。

初心者から初級者の早石田のイメージは居玉のまま、早石田の受け方を知らないと王手飛車で取られる奇襲戦法。多分、こんな感じでしょう。

どちらかと言うと、早石田は自ら角道を開けて積極的に戦う三間飛車だと解釈した方が良いかも知れません。早石田の攻防を解説した棋書は意外とあります。
(戸辺誠先生の書いた棋書がオススメです)

と言っても、じっくりと駒組みを進める手順(升田式石田流)を解説したのもあるので、早石田関連の棋書を探す前に一度、本書を読んでみることをオススメします。


向かい飛車でのオススメはメリケン向かい飛車です。

法名の由来は失念しましたが、ユニークなネーミングですね。

特に、石田流を指せる方や向かい飛車は良ぐわがんねぇがら指してねぇだ、みたいな方にオススメします。

私のように向かい飛車をこじらせた方は、飛車先の攻防が停滞気味になり、打開策を練ってもつまんない展開になりがちです。

しかし、メリケン向かい飛車は、お互いの飛車先の歩を進める展開に持ち込みやすく、拮抗した状況を打開しやすく、主導権が握りやすいのが特徴です。

攻撃力の高い戦法ですけど...玉を逃がしたり、囲いなどの守りを後回しにする戦法なので、逆に相手に攻め潰されるリスクの大きい戦法ですが、石田流へ合流したり、上手くいけば主導権を握ったまま優勢を築きながら終盤まで進めたりすることも出来る、ロマン要素溢れる戦法です。

こちらが石田流を指したくても相手がメリケン向かい飛車を知らなければ、石田流へ合流しやすいと思うので、石田流の指し回しのバリエーションを増やしたい方にオススメします。


中飛車は本美濃囲いよりも駒の少ない、片美濃囲いで囲うので堅さは劣りますが、駒組みのバランスが良く、攻防に対処しやすい戦法です。

本書では積極的に攻めやすい先手中飛車の手順を解説してます。

中飛車の棋書だと、ゴキゲン中飛車を良く取り上げていますが、本書にゴキゲン中飛車と先手ゴキゲン中飛車の解説は一切ありません。


角交換四間飛車は、従来の角道を開けない振り飛車とはかなり違う指し回しになります。現代将棋を体現したような戦法です。
それこそ、現代将棋そのものである
藤井システムとかトマホークとか
他にも色々もう既に載ってますけどね。

角交換四間飛車を指しても、逆棒銀や石田流に合流出来なかったりすることがありますが、後半の43戦法の項目で解説した打開策は参考になりました。
一番最後に千日手の心構えの結論を
たった二行でまとめたのはズッコケました。


振り飛車居飛車と比べると覚えやすいので人に薦めやすいんですけど、今の振り飛車はかなり多種多様に渡っているので、例え薦めたとしても、一概にどれがハマってくれるかどうかは薦めた本人でも疑心暗鬼なのが現状です。

私のような低級者の振り飛車党ならまだしも、有段者でも「この戦法、良く分からないから指してない」という人も結構います。

ある程度まで戦型を絞って戦えるのが振り飛車の特徴ですが、限度はあります。本書は石田流の合流しやすい戦法を採用してるので、石田流の再確認やバリエーションを広げるのに一役買える一冊になってると思いました。

私は今までに覚えてきた振り飛車の再確認のために買いました。なんですが、再確認だけでなく新発見もありました。

立石流の棋書を何冊か持ってますが、全て古いので本書と指し回しが結構違うんですよ。特に最序盤とかかなり違います。

そこはまあ大丈夫でしたが、個人的にはトマホークと早石田は良く知らないので勉強しようかなと興味を持ちました。

それと角交換四間飛車の項目は参考になりました。


かなり長々となりましたけど、大丈夫ですかね?最初の方にも書きましたが、本書は振り飛車のカタログみたいな定跡書なので、無理して買う必要はありません。

正直買う前は、気になってたのは立石流と早石田ぐらいだったので、ネタに書ければ良いやという感じで買おうとしたんですが、近所の本屋に無かったので買うのを後回しにしてました。

ところが数日前、仕事帰りに久しぶりに本屋に寄ったら置いてあったので、軽く読み流して買わずに帰ろうとしたんですけど(笑)、色々と気になったので衝動買いしてました。

振り飛車やっぱり良いですね。右四間飛車も好きですが、やっぱり振り飛車です。
中飛車が苦手な振り飛車党ですが
他にいます?中飛車指せない振り飛車党の方

ところで、覚えているかどうか分かりませんが、1ヶ月ほど前に入玉を勉強したいと書きましたが、本書を買った本屋に入玉の棋書が並んでたので読みましたが、内容が難しすぎたので購入を断念しました。

入玉に関しては勉強するモチベーションを完膚無きまでに叩きのめされました。10級の私には難しいです。はい。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]