将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

右四間飛車まとめ

今までに紹介した右四間飛車をざっくり振り返ります。紹介した順番はバラバラになりますが、ご了承ください。

四間飛車の棋書の方針は上達していくことを前提にしているため、基本形の急戦よりも覚えることが多くなる持久戦をメインにした解説の棋書が多めです。


初級者でも読みやすい一冊です

創元社四間飛車戦法 先崎学

読みやすさはダントツで一番ですが、私のような初級者は左美濃穴熊のような手数の掛かる囲いを採用する機会はあまりありません。

急戦調になりやすいのに、急戦の解説で振り飛車側が右四間飛車対策を知ってると右四間飛車では戦えないと判断しています。

元々、持久戦で戦う方針なので仕方無いんですが、この点を引いてみても、あまり採用しなさそうな戦い方が目立ちます。

ですが、左美濃穴熊の組んでいく際の注意点を初級者にも易しく説明しているのは良いポイントでした。
(安直に組むと駒打ちされて咎められる
と注意してます)


唯一の対居飛車オンリーの棋書です

創元社居飛車四間飛車戦法 屋敷伸之

四間飛車というより居飛車・攻め将棋の指し方と感覚を学ぶ感じの棋書です。

私は振り飛車党なので、居飛車の感覚があまり分からないので、解説を通して居飛車の考え方がとても参考になりました。

個人的にはお気に入りの一冊です。


四間飛車次の一手形式の棋書

浅川書房 右四間で攻めつぶす本 中川大輔

今までに紹介した棋書で唯一の問題集です。正否に関わらず、出題の意図を考えることは大切なことです。

定跡書と異なり、一手一手の指し手の考え方を説明してあるのは大きなポイントです。

これも私のお気に入りの一冊です。


基礎をしっかり学ぶなら、この一冊

マイナビ すぐ勝てる!右四間飛車 中川大輔

他の棋書よりも急戦を多めに丁寧に解説しています。

文体と構成のクセの強さを除けば
初級者からも読める、かなり秀逸な棋書です。

四間飛車を指すのに必修な手筋も多く説明してあるのもポイントです。

初段まではこの一冊で賄えると思います。


最後は絶版さえしてなければ一番のオススメ

毎日コミュニケーションズ
三浦流右四間の極意 三浦弘行

先述の「すぐ勝てる!右四間飛車」と同じぐらいのページ量で基本を解説していますが、急戦と持久戦を細かく解説しているので、広く浅い印象です。

基礎をしっかり身につけるのは難しいです。

ですが、飛車先不突+居飛車穴熊という、焦点を絞ったコンセプトは着地点がハッキリしてるので読みやすいです。

特に、なにがなんでも四間飛車を駆逐したいという方にオススメします。

そして、振り飛車党へ右四間飛車対策としても読める棋書で、今までに紹介した棋書の中で一番のオススメです。


「すぐ勝てる!右四間飛車」での最初の一文に

要は相手が角道を止めてきたならば、
四間飛車を指す条件は整ったと言うことに
なるわけである
という記述があります。

最序盤で角交換をするのが当たり前になった、現代の振り飛車では右四間飛車は通用しなくなった印象を受けたんです。

なんですが…実際にネットで試してみると、私と同じぐらいの実力なら、角交換後に相手の角打ちに警戒しつつ、駒組みと仕掛けの準備をした後に自陣角を打っても割と攻めが滞ることは無かったです。はい、大丈夫でした。

棋書で覚えた攻め方と順番が変わっちゃうんですが、何とかなるもんです。

振り飛車だと、美濃囲いが堅いから何とかなる。
居飛車だと、攻め駒がある程度敵陣に残ってたら
何とかなる。

どんな戦法でも覚えるからには「覚悟」と「根拠の無い自信」が無いと好きな戦法って指せないと思います。

正直、右四間飛車をメインに指してる方が今までの記事を読むと不愉快になるのでは?と不安でした。

全く知らない人が好きな戦法の上っ面を撫でていく訳ですから、見る人によっては好きなものを汚される気分になるかもと思ったんです。

私も鼻をほじりながら四間飛車指してるのを見たら、その指を鼻の奥に押し通してやりたくなります。

だから、例え中途半端な修得になったとしても、右四間飛車を学んでる途中で嫌いになってたら記事にするつもりはありませんでした。

そして今、楽しいです。右四間飛車。これ、何度も書いてますが、ホントに楽しいです。これも前に書きましたが、振り飛車に還元出来れば、さらに充実するんですけど…


最後に右四間飛車を学んだ理由ですが、「振り飛車に還元したい」というのが一番の理由です。

元々は苦手な戦法なので、対策に勉強してたら、自ら指した方が対策になるし、攻め将棋の勉強にもなると一石二鳥じゃね?と思い立ったのがきっかけです。

悩みを考えるのをやめた方が楽ですが、私は考えるのをやめるのが嫌いです。

性分ですね、せめて悩むなら、分割して考えることにしました。

その結果、いっそのこと、攻め将棋を最初から覚えた方が良いと思い、右四間飛車を勉強したんです。

これも何度も書いてますが、棒銀だと成功しても、そこから攻めの形を構築するのは難しいと思います。ですが、右四間飛車ならリズムが止まることなく攻め続けられるのでは?と思ってました。

ところが、攻めの流れが止まる瞬間がありました。それは

一旦、守りに入る時(囲いを組み換える)と
終盤、敵陣にある攻め駒から
どれを寄せた方が早いか選ぶ時です。

例え攻め駒が多くても、寄せる時に利きを遮っていたら切らないとマズイですし、切っても手番を維持できるかどうか考えないといけません。これは居飛車振り飛車関係ありません。

でも、振り飛車指してると、終盤まで戦況と戦力を整える作業が続いたりして、考えが煩雑化したりするんです。

まあ、そこは「四間飛車上達法」がかなり参考になったんですが、閑話休題

これからは、右四間飛車振り飛車もメイン戦法として指していきます。

上達するスピードがとんでもなく遅いですが、まるで花が咲くように、気長に待つ感じで指していくつもりです。

恐らく、将棋で悩むことが無くなったら、それは将棋をやめる時だと思います。
前もこんな空気になったけど
将棋やめないってマジで。ホントに。
ぜってーやめねぇからなコノヤローッ


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]