将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

対居飛車 右四間飛車戦法を買いました

前回の「右四間飛車戦法」は対振り飛車でしたが
今回は今までとは異なり
居飛車のみを解説した棋書になります。

・対居飛車四間飛車戦法
(創元社 屋敷伸之)

本書は全編 対居飛車の解説で
飛車先の歩を突いて対抗します。

手番は全ての章で右四間飛車が先手です。

競艇の解説はありません。

本書は右四間飛車居飛車に対抗するというスタンスで、一冊全てが居飛車に対抗した解説の棋書は多分、他には無いかと思います。

前に私は級位者向けに攻め方が学べる棋書は少ないと書きました。本書はその中でも特に攻めに比重を置いた解説が特徴です。

有段者からは「それ、必修だから」と一蹴しそうな内容だと指摘を受けそうだと思いましたが、級位者にそれらを知る機会は意外と少ないので、攻め将棋を修得していくのは難しいのです。

表紙には「右四間飛車のスピーディーで
明快な手順は、攻め好きの方にピッタリ。」

と謳ってます。

級位者向けの居飛車の定跡書の中でも
攻め方を平易に説いた棋書だと言えます。
元々破壊力のある戦法である右四間飛車
攻め将棋の解説は相性が良いと言える証左です。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段っぽい方
棒銀以外の相居飛車を学びたい方
(初級者向けの棒銀に飽きた方には良いかも)
・右四間飛車と攻め将棋を学びたい方
・矢倉、雁木、角換わり相手に
どう対抗したいのか分からない方
(双方の実力が級位者ならオススメします)
本書の項目はこちらです。

第1章 対矢倉編
4筋に戦力を集中して戦う、基本の解説です。
序盤の銀の使い方を丁寧に解説します。

第2章 対矢倉☗3八飛型編
3筋、つまり袖飛車から攻めていく戦い方の解説。
袖飛車で力を溜めてから攻めの形をつくる
戦い方の幅を広げていく応用編です。

第3章 対雁木編
反撃能力に優れ、なおかつ四枚で囲う雁木を
速攻策で攻めつぶしていく解説です。

第4章 対角換わり編
角交換には二枚銀で対抗して攻めつぶす解説
本書の中でも特に一番激しく攻めていきます。


四間飛車ひとつで堅い囲いから、柔軟に対応する相手まで攻め将棋で対抗します。

一方、右四間飛車側の囲いはあまり堅くありません。ですが、囲わずに戦うのはダメだとハッキリ書いてます。
(全ての章で左美濃?っぽい囲いで守ります)

囲いについては、左美濃のような、堅い囲いを組むかどうかの判断に関しては、自分の好きな方か相手の囲いに合わせて組んでいくことになりそうだと、ざっくりと書いてます。囲いの管理は「三浦流右四間の極意」などの他の棋書で補う必要があると感じました。

居飛車の戦い方と、攻め将棋に必須な手筋の指南と個人的に収穫はありましたが、前回の「右四間飛車戦法」同様、級位者向けなので最小限に纏めた分、全体的に内容が少ない印象を受けます。

とは言え、居飛車の基本を学ぶのに十分な量です。

例えば、原始棒銀だと棒銀が成功しても、攻めのリズムが止まる瞬間があります。初級者はここからどう勝ちきるのかノウハウが無いので勝てないんです。

要は攻めることは出来ても
勝つまでに必要な攻めの形を構築する
ノウハウを身につける必要があるのです。

ざっくりした感想は、本書は居飛車らしい戦い方、攻めの形を易しく学べるところが良いポイントですね。

それと…先述しましたが、前回の「右四間飛車戦法」もそうですが、得られることは少ないので他の棋書で補う必要があるのも事実です。

正直、私の初級者のような方で右四間飛車を基本から学びたい人以外にはあまり納得のいく内容だとは言えません。

「右四間飛車戦法」
「対居飛車四間飛車戦法」

この2冊に関しては
過度な期待をするような棋書ではないというのが
今回の結論です。

まだ将棋をはじめて日が浅く、難しいことをまだ覚えられない方で、なおかつ中古で手頃な値段で買えそうなら買っても良いのでは?という感じです。

ただ、振り飛車党なら本書は要らないと思います。右四間飛車対策として読もうにも相居飛車ですし…攻めの形を学ぶには良いんですが、強くは推せないです。


1ヶ月近く続いている
四間飛車の棋書の感想ですが
残り一冊になりました。

ですが、色々諸事情がありまして
残り一冊の感想は9月中旬頃になります。
ご了承願います。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]