将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

右四間飛車戦法を買いました

創元社の棋書は級位者向けに合わせたものが多くて、私も良く読んでいる棋書があったりと、いつもお世話になってます。

それと、電子書籍も積極的に取り入れているのも特色ですね。

今回は、その創元社の棋書を紹介します。

・右四間飛車戦法
(創元社 先崎学)

本書は全編 対振り飛車の解説で
全ての章で飛車先の歩を突いていくパターンです。

手番は全ての章で右四間飛車が先手です。

本書は右四間飛車の基本が学べますが、ホントに基本を重点に置いているので内容は少なめです。

表紙に「簡明さ、勝ちやすさは他に類を見ない。」
と謳ってますが、第1章の舟囲い編で…
詳細は省略しますが
「そんなことは無かった」と痛感します。

ですが、本書が必要ないとは思えませんでした。

恐らくですが、右四間飛車の定跡書の中でも
本書が一番簡明な定跡書だと思います。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段っぽい方
・右四間飛車を分かりやすく学びたい方
・舟囲いから他の囲いへ発展させたいが
組み直すタイミングが分からない方
本書の項目はこちらです。

第1章 舟囲い編
最序盤で飛車先の歩を突く、突かない意味から
丁寧に解説してくれます

第2章 左美濃
左美濃ですが、即座に米長玉へ組み換えます
[その理由もちゃんと解説してくれます]

第3章 穴熊
穴熊を組んだことが無い人でも分かりやすい
平易な解説で、雑に組むとどう咎められるのか
振り飛車側の行動も丁寧に解説します


舟囲い・左美濃穴熊と3種類の囲いの解説ですが、第1章の舟囲い編、急戦で振り飛車側が最善手で対応すると成立しないと結論付けています。

四間飛車の基本と、舟囲いから左美濃穴熊へ組み直すタイミングや手順を学ぶ囲いの取扱説明書のような一面もあります。

振り飛車党の私の感覚ですが、居飛車振り飛車よりも囲いを組み換えるのが難しいので、このポイントを丁寧に解説してあるのは参考になりました。

先述しましたが、本書では急戦での舟囲いは戦えないと結論付けていますが、舟囲い編で右四間飛車の基本を学び、メインは左美濃穴熊での戦い方の解説になります。

左美濃穴熊、どちらを組むかは自分の好きな方か相手の囲いに合わせて組んでいくことになりそうです。

戦い方から囲い方、基本的な手筋の指南と勝つために必要な戦術が学べますが、級位者に覚えてもらうためなのか、情報を最小限に纏めた分、全体的に内容が少ない印象を受けます。

それでも、右四間飛車の基本を学ぶのに十分な量だと思います。私は今までに紹介した棋書があるので参考になる部分が少なかったんですけど、囲いの組み換える手順と考え方は参考になりました。

あと、以前から気になってた飛車先の歩のことですが、歩を突いておくことで相居飛車になった場合に対応するための手順だと知りました。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]