将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

三浦流右四間飛車の極意 四間飛車をやっつけろを買いました

どうも、今回は三浦先生の棋書の紹介です。

・三浦流右四間飛車の極意
四間飛車をやっつけろ
(毎日コミュニケーションズ 三浦弘行)

一応、本書で右四間飛車の基本は学べますが、収録は少なめです。基本をしっかり学ぶなら、他の棋書を読むのがオススメです。

本書は全編対振り飛車の解説になります。

第一印象は、初めて右四間飛車を学ぶ方より
既に右四間飛車を指している方に
向けた内容の棋書だと感じました。


本書の項目はこちらです。
(まえがき等は省略しました)

第1章 右四間飛車の基本型
飛車先の歩を突いた型の解説です
[舟囲い・左美濃・銀冠・穴熊]

第2章 飛車先不突右四間飛車
[舟囲い・左美濃・銀冠]

第3章 飛車先不突右四間飛車居飛車穴熊
居飛車穴熊対美濃囲い
振り飛車の揺さぶり
居飛車穴熊対銀冠

第4章 飛車先不突・序盤の重要変化
後手振り飛車4五歩の急戦
5三銀型対居玉の速攻

第5章 実戦編(段位は発刊当時のもの)
会心の飛車切り 対☖加瀬純一五段
時間に追われた終盤戦 対☗堀口弘治六段
粘りに屈す 対☗先崎学六段
結論を出した一局 対☖小倉久史五段


舟囲い・左美濃・銀冠・穴熊と様々な囲いと
飛車先の歩を突く、突かない戦形の解説と
多めの戦形を扱っています。

ですが、本書でも記述してますが
メインに推しているのは第3章で
四間飛車穴熊飛車先の歩を突かない戦い方
が中心の解説になります。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段よりちょい上の方
(アマチュア強豪の方には易しいかも)
・じっくりと右四間飛車を学びたい方
・対振り飛車急戦の対応策を知りたい方
(少しですが第4章で解説あります)
居飛車穴熊は組めるが攻め方が分からない方
・右四間飛車は指せるが
囲いのバリエーションが少ない方
四間飛車が嫌いすぎて情緒不安定の方
・攻めも防りも良いとこ取りしたい方
(本書のメインは合理的な攻防の両立です)
本書を一通り読んだ感想を一言でまとめると
三浦先生は正直すぎます。

まえがきを読むと、三浦先生が本書を書きまとめるのに試行錯誤を重ねたのが良くわかります。構成を木屋太二さんにお願いしてますし、本書に情熱を込めて丁寧に書き上げているのも理解できます。


ところで、こんなにも内容が多いと覚えられるのか?と思うかも知れませんが、私は前に「右四間で攻めつぶす本」を読んでいたのが良かったのか、右四間飛車の基本を覚えていた分、全体的に読みやすいと感じてます。

後半にプロ棋士との対局の解説もありますが、これを分かりやすく書いてあるのは凄いです。

「右四間で攻めつぶす本」と方向性は全く異なりますが、先に右四間飛車を知っていると理解しやすいと感じたのがざっくりとした感想です。

特にありがたいと感じたのは、成功例だけでなく
失敗例も丁寧に解説しているのは
大きなポイント
です。

成功例だけ書かれると本筋から外れた流れになった場合、全く対処出来ません。そもそも、お互いに正確に指してくること無いので、成功例のまま指せる訳が無いんです。

なので、失敗例を解説していると実戦で「失敗していると自覚できる」というのは大事なことだと思うんです。

さらに本書は居飛車穴熊も学べるので、攻め方だけでなく、堅さを活かした戦い方も学べるという贅沢な内容です。

極端な話、級位者に限れば、対抗形の戦い方はこれ1冊でかなり補えていると思いました。それぐらい秀逸な棋書だと胸を張って言えます。
復刊しろとは言わないけど電子書籍化しろよー。

とても参考になるんですけど同時に
本書は人を選ぶと感じました。

文体にクセがある訳ではありません。戦法が右四間+穴熊+飛車先不突と簡明に絞った結果、人によっては「知りたいのはこの戦形じゃない」という人もいると感じたのです。

それと、ある程度は居飛車を指してないと感覚的に本書を理解するのは難しいかもしれません。
(私は第4章の急戦対策を中心に読んでます)


実は…一時的ですけどネット対局を再開しました。
(まだ20局ぐらいですが)

理由は、右四間飛車の棋書を2冊しか読んでいない私の右四間飛車が通用するのか試したかったからです。

「右四間で攻めつぶす本」を読んだだけの段階の勝率は約3割ですが、本書の第4章を読んでからの勝率は7割と勝ち越してます。対局数が少なすぎるので正確性に欠け、好反応だと判断出来ませんが、自ら主導権を持って急戦に持ち込めるのは大きいです。

また、まだ持久戦の指し方が身に付いていないというのもありますが、私も相手も低級者ですので、あまり持久戦にはなりません。現状では急戦しか指せないので、これは好条件です。

それと…負けた対局は全て、奇襲や力戦、急戦に慣れている居飛車党との対局でした。
(相手の対局データが見られるのは
ネット対局ならでは。ありがたいです。)

勝った対局ですが、右四間飛車の対策を知らない、全く出来ない方が多くて、振り飛車指してる時では滅多に無いほどの完勝パターンでした。
(飛車角取って、さらに端攻めと4筋の挟撃と
完膚無きに攻め倒したの将棋指してて初めてです)

と言っても、まだ右四間飛車が形になっていないので、これからも実戦と勉強を続けていきます。何よりも私はこの経験を本来のメイン戦法である振り飛車に還元したいのです。


最後に、感想の書き忘れた部分と今後の課題を。

秀逸な本書にあえてケチをつけるなら…

既に絶版になってるところですね。
今まで色んな棋書読んできましたが
絶版でショックを受けたのは本書が初です。

私が手に入れた本書は前の持ち主が
とても丁寧に扱ってたようで
とてもきれいな状態でした。

まあ…全く読まれずに放置されてた訳ではなくて
特に第3章が読み返されてました。


四間飛車の今後の課題ですが、相居飛車の戦い方が分からないので、その点を学んでいきたいです。何とか対居飛車の棋書も買えたので届き次第、学んでいきたいです。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]