将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

右四間で攻めつぶす本を買いました[追記しました]

どうも、こんばんは。夜も暑いですね。

最近の私のトレンドは右四間飛車
しばらくは右四間飛車のこと書いていきます。
今回は中川大輔先生の棋書を紹介します。

・右四間で攻めつぶす本
(浅川書房 中川大輔)

次の一手形式の本で
いわゆる「指しこなす本」タイプの棋書です。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段前後の方
(居飛車党なら初級者からでも大丈夫かも)
・とにかく右四間飛車を学びたい方
居飛車党で超急戦を指してみたい方
・簡易的な形でも良いから腰掛け銀っぽい
戦い方をかじってみたい方
・攻め方は色々知ってるが選択に悩む方
・攻め将棋を学んでみたい方
・家での地位がペット以下の方
(攻め将棋覚えてストレス発散しましょ)

全3章の構成、そして全ての章で相手が先手番です。対居飛車、対振り飛車両方の解説。超急戦で攻めつぶしていくのが特徴で構成は次の通り。

第1章が対四間飛車、第2章が対矢倉[4枚矢倉]
第3章がプロレベルの右四間[対居飛車]

四間飛車の棋書で気になるのは、先手3手目[後手4手目]に飛車先を突き出すか出さないかがポイントのひとつらしいのですが、本書は全ての章で飛車先の歩を突かないパターンを採用しています。


四間飛車側が後手を持ちますが、右四間飛車側を手前にしたレイアウトなので初級者にも読みやすい工夫がしてあります。

第1章の四間飛車ですが、問題が進むペースが駆け足気味に感じます。ですが、本書は全ての戦形に対して手数の少ない短期決着、超急戦で戦うことを前提にしていることから四間飛車を指すのに必要な情報を濃縮して解説していると解釈もできます。

四間飛車を1から覚えたい方には十分だと思います。ですが、問題によってはあっさりと10手近く進むので「ここは重要性低いのかな?」と疑問に感じるところもありました。

第2章4枚矢倉編以降も少し駆け足気味ですが、右四間飛車の心得だけでなく、相居飛車の戦い方として参考になります。ただ、四間飛車編よりもページ数が少ないのに内容が充実してるのが気になります。出来れば四間飛車をもう少し書いてほしかったです。

追記
本書の矢倉の組み方、ウソ矢倉と言うんですね。全く知りませんでした。でも途中から矢倉の本筋に合流するので支障は無いです。
矢倉指すんですけどホントに知りませんでした。

四間飛車以外の振り飛車では右四間飛車とは戦いにくいと受け取れる旨も気になります。
一応、他の振り飛車の指し回しに対して簡潔な説明があります。しかし、石田流に対しては持久戦に持ち込まれるとマズいようで、注意点とポイントの解説がほんの少しあります。


他に気になるのは
極一部ですがプロ棋士の感覚を
どストレートに書いてあるところです。

本書は全て後手番ですが、第3章の最後に「先手番の場合はさらに破壊力は増しますので(以下省略)」と、プロ棋士の感覚をサラッと書いてますが

手番で攻撃力が変動するという旨を書かれても
この考え方はちょっと分かりません。
さらに理由も述べていないので尚更です。

プロの感覚の部分は出来れば、噛み砕いて表現するか、補足を足しておく、などして欲しかったです。

四間飛車の最後には参考程度に千日手に持ち込む手順を紹介しているんですけど…

「アマチュアのみなさんはこすっからい将棋を指してはいけません」と釘を指してます。

どうでも良いかも知れませんが、「こすっからい」という言葉を使う人、そうはいないです。
確か…ずる賢いとかの意味だったような気がします。間違ってたら、ごめんなさい。
意味調べてから書けよ、俺。


ケチつけたりもしましたが、高段者が読むにはちょっと易しすぎるかも知れませんが、級位者からすれば全体的に良書だと思います。そして、級位者向けで攻めの形を丁寧に解説する棋書は少ないので、攻めの手筋の棋書としても使えます。

一部、初級者には少し難しい手順もありますが、実際に指してみたくなるような心がときめくような手もあって、十分読み応えあります。

とは言え、この一冊だけで右四間飛車を習得できるとは思ってません。

飛車先の歩のこともありますし、他の棋書と併せて読んで基本形を覚えていきたいです。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]