将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

右四間飛車の棋書、需要と供給のバランスが合ってませんよ(た、多分)[追記・修正しました]

本題に入る前に私の勉強法を書きますね。

私の将棋の勉強法のひとつに

指されて困った戦法を自分で指してみる

という方法を実践しています。

将棋の勉強でこの方法が正しいのかどうか分かりませんが、私は昔、格闘ゲームで遊んた頃、苦手なキャラクターの対策にそのキャラクターを自分が練習することでそのキャラクターの得意不得意のところを分析する、ということをやってたのです。

そのノウハウを将棋に還元して実践しているだけなんです。この方法、私は楽しく勉強出来るんです。対局よりも楽しい時さえあるんですよ。自分でもそれはちょっと困惑することがあるんですが。

うーん。10級前後の私では説得力無いですね…上達したい気持ちもありますが、楽しく指したいんです。どちらも努力したいんです。


ここから本題です。

ネット対局をしてた頃、居飛車側が指してくる戦法は急戦が多かったです。原始棒銀やなな棒銀とかです。

中には右四間飛車を指してくる方がいますが、とても個性的なんです。明快で攻撃的だけど、急戦や持久戦もありました。それに、何を目指して攻めてくるのか傾向が全く異なるのです。まるで牛丼屋のように、似ているけど味が全く違うような感じです。
私、牛丼食べたこと無いんですが

対策自体は右四間飛車の対策本である程度補えるんですけど、実際の対局では指し手の意図がよく分からない手も多くて…泥仕合になったり、お互いほぼ居玉の超短期決戦になったりもしました。

そこで、先述の勉強法です。理屈の分からないところは私が右四間飛車を指したり勉強すれば良いじゃんと思ってたんですが…

四間飛車の棋書が無い!
どこにも無いんですーっ!!!

調べて分かったんですけど、右四間飛車の棋書って単純に少ないんです。

良く良く考えたら、右四間飛車の棋書の書ける人と言えば、中川大輔先生しか思い付きません。ですが、その中川先生も右四間飛車の棋書はそんなに書いていないんです。

棋書にはプロ棋戦の棋譜を載せることがあるんですが、そうなると採用数と指す棋士の少ない右四間飛車は棋書に纏めるだけの情報量が足りないんです。

その背景があるとは言え、アマチュアには需要があるのに、プロではあまり使われないから棋書が作りにくいという極端な状態なんです。

近年だと、昨年に藤倉勇樹先生が書いた
四間飛車の対策本が出版されました。

マイナビ・1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策

この棋書はほとんど振り飛車側の先手番の解説ですけど、振り飛車を指す人へ視点を向けた対策本です。

それと、本書よりも前に出版された右四間飛車の対策本だと、かなり前になるのでネット通販で入手出来ても、発刊されてからかなり時が経つと、指し方の価値観が変わってくるので参考になるのか分からないんです。極端な話、年月が経ったことで最序盤で指せるかどうか結論ついちゃってると目も当てられません。

それに今回は自分が右四間飛車を指してみたいので、対策本だけではなく、定跡や解説メインの棋書を探しているんです。

ですが、ネット通販で調べると、欲しい棋書に限ってちょっと状態の良くない本が多くて…ちょっと困りました。

それとネットでの評価もバラバラです。救いなのは、読んでる方の棋力によって評価や意見が分かれているところです。棋書評価サイトや通販サイトの意見を良く見ると、特に高段者が満足するような棋書は少ない傾向です。

最近はネット通販で棋書が有無の確認、入荷している本の状態のチェックするのが日課になっています。

四間飛車の棋書は5冊ほど目当ての棋書があるんですが、手に入れたら簡単な感想でも書きたいなと思います。その内の3冊は何とか買えましたので、届くのが待ち遠しいです。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

全 然 関 係 無 い け ど
最 近 老 眼 進 行 し す ぎ て マ ジ キ ツ い 。
老 眼 鏡 買 お う か な …