将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

初心者の頃の失敗談[相手の悪手を悪手で返す]

将棋の始めた頃は、相手の指し手の意図が分からなくて、その指し手が悪手なのかどうか全く分かりませんでした。

それに私も悪手を指しているのか分かりませんでした。そこで激指の棋譜解析を使うようになったんですけど

相手の悪手に悪手で対応する手が多かったです。

悪手を指されたら、その悪手を咎めたり、手得を活かしてこちらの指したい手を指すなどしますが、こっちも空気を読まないような変な手を指してるんです。

一応、相手の意図を読んでるつもりなんですが深読みしすぎて冷静に考えると相手が得しない、絶対に指さない手順だったり、応対しなくても良かった手だったりするのが多かったです。

そもそも、どれを指したら有効なのか分からないまま戦っているので、相手の意図なんか読んでも正しい読みなんか出来ないんです。

こういう、大局観と言いますか、勝負勘は対局するしか養えないです…

さらに、相手が弱すぎたり強すぎるとポイントそのものが見つけにくいです。一方的に勝敗が着くと、得られる経験値ががくーんと無くなります。

当時の私には将棋の強い友達が私の実力に合わせて指してくれましたが、将棋が指せる環境が整ってなければ、ネット将棋や将棋ソフトが主な対局場所になります。

友達に教えてもらっているのに上達しないままでは友達の指導能力を問われると友達の気持ちがヘコみそうなので頑張ってましたが、それとは裏腹に棋力の方はほとんど成長しませんでした。

自分に悔しいったらありゃしない。ってやつです。

悔しい。死ぬほど悔しいです。上達したくても上達できないのは将棋指してて二番目に悔しいです。一番は一手詰みを見逃したまま対局を続けたことですね。

その時は対局後に見逃してたことを説明できたので良かったんですけど、将棋アプリだったらチャットが使えないので説明できません。最悪、弄んでいると誤解されてたと思います。

振り返ると…負けても気持ちを切り替えるのが早いんですが、早すぎるのがダメでした。反省点を見つけるよりも早く気持ちを切り替えてたのが、上達を妨げていた原因でしたね。

集中力が切れているのに対局が楽しいからと対局を続けるのは良くないなと反省しました。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]