将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

筋違い角って戦法、一体なんやいね!

おはようございます。

今回の話は筋違い角の話です。

筋違い角を指されると場合によっては好きな戦法が指せなくなりますよね。歯がゆいですねー。

でも、筋違い角を指す方は居飛車振り飛車指そうと思えば好きな方で指せてしまいます。筋違い角にちゃんと対応して指せれば、戦況に優劣の差が離れることは無いんですけど、好きな棋風で戦えるのはちょっとズルい感じがします。

ネット対局で何度か指されて痛い目を見ましたが、逆に上手く対応出来たと手応えを感じたら、相手に投了されてしまったこともありました。奇襲が失敗するとは想定していなかったんでしょうね。私もです。

私は筋違い角を指されると棒銀で対処してます。振り飛車党なので居飛車をうまく指せませんが、お互い定跡通りに指せないのでシンプルな戦法の方が気持ちが楽にいけます。
他に矢倉しか出来ませんし
矢倉といっても矢倉中飛車ですし

奇襲戦法に負けてもこちらは得意戦法じゃないのでメンタル的な負担は少なく、短期決戦になりやすく少ない手数の分だけ反省点も見つけやすいですが、得られる収穫自体が少なく感じます。

誤解を生みそうなのでフォローすると、敗戦処理用の戦法を持つことを推奨している訳ではありませんし、棒銀を下に見ているつもりはありません。棒銀好きですよ。生八つ橋の次ぐらいに。

私は筋違い角などの奇襲戦法指さないですが、まあ…奇襲戦法って、たまに遭遇するから面白いんですよ。他に端角中飛車を指されたことがありましたが、アミバの鷹爪三角脚並みに見所が無かったので省略します。

最後に。筋違い角を指してみたい方は
「なんでも棒銀」に載ってますので、ぜひ参考に。
もう何度目の登場だろう。なんでも棒銀


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]