将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

穴熊を学んで2ヶ月経ちました

おはようございます。穴熊ですよ、穴熊

振り飛車の指し方を充実させようと穴熊を勉強し始めた私ですが、あれから2ヶ月ほど経ちました。

2ヶ月しか経ってませんが、分かったことが2つあったので、今回はその2つの事を書いていきます。

私が穴熊を始めた経緯は以前に書きました。
こちらです。↓
[穴熊はじめました・前編]


一つ目は囲いの堅さの話。安直に組みにくいです。

勉強すればするほど、安直に穴熊に組みにくいと感じました。以前にも書きましたが、牽制などの攻防の中で組みにいくのは難しいです。

穴熊に警戒しない相手でも、穴熊を優先して組むと攻めの形を築けないので、それ以降の応酬は後手後手に回る羽目になります。

なので、穴熊は最小限の規模でも攻めの起点を築きつつ、囲っていく指し回しになりますが、この指し方は最序盤に攻防をハッキリと指し分ける、振り飛車のような手順とはかなり異なります。この感覚は居飛車の指し方に近いです。

常に緊張感ある勝負になりますが、私が一番魅力的だと感じたのは相手の急戦や速攻策に警戒する前提はありますが急激に戦況が変わりにくいところです。

振り飛車は美濃囲いの堅さを崩れないように祈りながら活かして、終盤まで戦力を確保してから指していくので序中盤で崩れると立て直すのは大変ですが、穴熊は余程の悪手で無ければ立て直しやすいです。

なので、改めて美濃囲いの堅さに気付きました。

意外な感想ですが、美濃囲いよりも堅いはずの穴熊を学んでいるはずなのに、わかればわかるほど美濃囲いが堅いと実感しました。穴熊よりも少ない手数なのに堅いです。美濃囲い。


2つ目は穴熊の指し回しの話。
穴熊で培った技術は別の戦形でも応用が利く…
感じがありました。いや、ホントに。

昔の穴熊の組み方は知らないんですが、今の穴熊の組み方はいきなり穴熊へ組むのではなく、戦況に合わせて矢倉や美濃などの他の囲いから穴熊へ組み換えるのが自然な流れになります。

なので、穴熊は囲いを発展させながら指していくのであらかじめ他の囲いの指し方を知っている方がより早く穴熊を理解出来ると思います。

穴熊に限らず、囲いを組み換える間は隙が大きいです。他の戦法よりも牽制の応酬が多くなりやすい穴熊は、攻防のバランス感覚をもう一段階、上のステップへ上達できる戦法だと感じました。


もちろん、良いことだらけではありません。
穴熊は他の戦法よりもクセが強くて、相手の応酬次第では穴熊に組めなくなることもあります。それに覚えることも多いですし、特に角の利きと端攻めが恐いです。
(そもそも、美濃囲いも角の利きは恐いですよね
他の囲いでも端攻めは恐いです)

まだ2ヶ月ですが、穴熊の勝率は悪くないです。
(勝率54%ほどです)

手堅く指せているかどうか実感はありませんが、全体的に戦況の展開が遅く、大差で勝つことはあまり無かったです。そして、負ける時も僅差なので負けると物凄く悔しいです。

穴熊を学び、実際に指してみて、地味な指し方が多いなーっと感じつつ、やっぱり美濃囲いが好きだと思いました。まだ穴熊にときめきませんが、これからも穴熊を指していこうと思います。

穴熊囲いが堅牢で秀逸だと知れば知るほど美濃囲いや矢倉囲いに感謝する、良い機会になったというのが今回の収穫です。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]