将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

ネット対局をお休みします→お休みしました

どうも、今晩は。

やっとですが、ネット対局で10級に昇級したので

ネット対局をお休みしました。

私はネット環境が整っていないので、ネット対局はスマホの将棋アプリでの対局になります。

将棋アプリ特有の短い持ち時間で指すのが億劫になったので、しばらく対局をやめることにしました。

将棋の指し続けていくにつれ、じっくり考えるようになりました。あまり上達していないとはいえ、時間に追われながら指すのは、時に対局に負けるよりもモチベーションが下がるのです。

激指などの将棋ソフトなら自由に持ち時間を設定できますし、ファミコンなどのゲーム機で発売された将棋ソフトと違って変な手はあまり指しません。

上達が極端に遅くても、モチベーションを考えると自分のペースで指したいですね。

少しでも多く勝てるようになればモチベーション上がるんですが…難しいです。

対局に負けた悔しさは対局で勝って雪辱を果たす

これぐらいポジティブかつ強気にいきたいんですが、こういうのは性格が出ますね。中々上手くいかないです。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]