将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

棋書がらみの話を2つほど(何のためにもなりません苦笑)

おはようございます。

どんな曲を歌っても友達の感想は
ささきいさおが歌ってるように聴こえる」
と言われます。嬉しいけど何か違います。

今回はただの雑記です。
なので、棋書の紹介とかありません。


まずは1つ目。「藤井」さんのお話から。

最近、買い物ついでに本屋さんに寄ってきました。

すると店員さんから、こんな声を聞きました。

この本、置くとすぐに売れるんです。
藤井くんはホント凄いですね~。

と、べた褒めしてました。
その本とは「四間飛車上達法」
藤井さんは藤井さんでも猛さんの方でした。

店員さんが勘違いしてたので説明すると

私のように間違える人もいますから
うっかり買っちゃう人いるかもしれませんね~。

四間飛車と明確に戦法を書いてるので、知ってる人はちゃんと選んで買ってると思うんです。そんな人は多分いないはずです。

とはいえ、人と将棋の話をすること自体があまり無いので、ちょっと嬉しかったです。


2つ目。「最強棒銀戦法」の話。

私が将棋をはじめた頃、入門者には難しい「最強棒銀戦法」という棋書を買ったんです。当時の私には難しく、棋書を持って友達の家へ行った際にその棋書を持って帰るの忘れてしまい、そのまま置きっぱなしの形になったんです。
ここにいました。
棒銀だから初心者でもいけんじゃね?
と内容確認しないで買った人。

それから、何度も友達の家に行ってますが、棋書を返してほしいと訊ねるとその度に話をはぐらかされるのです。

先日は「母校にプロ棋士が将棋の指導に訪れた」とはぐらかされました。しびれを切らしたので強く問い詰めると、あれからすぐに友達の息子が棋書に落書きをしてしまったので、返すに返せなかった。というのが真相でした。

棋書を置いたのは私の落ち度ですし、幼い子供もいるので想定できた範疇のアクシデントです。

そんな彼の息子も今年、小学生になりました。
年を取ると年月ってやつは早いですね。

実力がついて「引き取りに来たよ」とカッコ良く言えれば良かったんですが、見事にフラグを折られました。トホホ…


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]