将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

数手先の展開を考えるのが難しいので視点を変えてみた

どうも皆さん、おはようございます。

いきなりですが、本題です。

私のような初級者には、先のことを考えて指すのは難しいです。そもそも、先の展開なんか想像できないんです。

3手先の手を考えるのも難しいです。考え方を変えてみるのも良いと思いますが、中々思いつきません。

周りに一緒に将棋を指す人がいるなら直接アドバイスなり訊けば済むんですが、初級者レベルに先の展開を予想して構想を練る方法やコツを分かりやすく教えてくれる人はそうそういませんし、ネットで書いてる人もほとんどいません。

多分、将棋の強い人はこれらのことを知識としてより、経験で理解してるのでこの段階でつまずくことなく軽々と飛び越えたのでしょう。恐らく先の展開を予想するのは当たり前なんでしょうね。

他の方への参考になるか分かりませんが、私が実践しているのは逆算です。つまり…

あらかじめ着地点を決めてから考えれば
道筋が見やすく、段取りが組み立てやすいと
今更ながら気づきました。

とはいえ、相手も良い手を指したいのは同じなので、自分の都合の良すぎる構想では上手くいきません。

小さいポイントでいいから重ねていけたら良いなとか少しずつ巻き返していきたいな…と自分に言い聞かせて指してます。

以前は相手の悪手を挑発か、それとも先を見越して指した罠なのかな?と邪推し過ぎて調子を崩し、さらに酷い悪手で応じてしまい落ち込むこともありました。

今は着地点を決めて構想を練ってると相手がどう返したら有利になるかなと相手の手を1手だけでも良いから考えるようになり、ネガティブな邪推は少し減りました。ちょっとだけ上達したなと実感してます。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]