将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

脊尾詰、バージョンアップしてました

以前、「将棋所」という将棋ソフトの話をしました。

その時は「脊尾詰」という将棋エンジンを使って、作った詰将棋が詰められるか確認したという話でした。

ですが、私が脊尾詰をダウンロードしたわすか数日後にバージョンアップしたデータをアップデートしてたのです。

アップデートしたことを知った経緯は、近い内にパソコンを買い換える予定で、そのパソコンのビット数が異なるので今まで使っているソフトが使えるか確認してたところ、脊尾詰のバージョンアップを知ったのです。

このバージョン、かなり良くなってます。

実は前に作った詰将棋の中でとても困った問題がありまして、以前のバージョンで解かせようとすると105手詰と解答するんですが、連続王手の千日手を指してしまうので解答手順として成立しません。これでは問題の改善が難しいので放置してました。

そこで今回、バージョンアップさせて
解かせてみたところ

21手詰ですが、複数の詰め手順がありました。

今回試した問題は残念ながら詰め手順が複数あったので問題として成立してませんでした。

パソコンの性能が低いので他のパソコンではどういう結果になるのか分かりませんが、それでもこの結果は驚きました。

恥ずかしいんですが、残念で不成立だった問題を載せておきます。私ではこれ以上直せないので、興味のある方は改良してみてください。f:id:toufunokadohasokosokokatai:20180409215856j:plain
※前に、詰め手順が変だったり、不詰の問題を載せるんじゃないという話を書きましたが、今回は成立していないとちゃんと書いてますし、辛辣にツッコむのは勘弁してください。
あ、でも笑うのは構いません。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]