将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

初級者なりに矢倉を考えてみた

どうも。右四間飛車って火力高いですね。
タイムマシンがあったら、考案した人に会って
小一時間程、説教してやりたいです。

今回は右四間飛車と全く関係無く
棒銀の続き、矢倉の話です。

以前書いたか覚えていませんが、私は振り飛車党ですが、矢倉が大好きです。

分かりにくく例えると…
ホンダのバイクに乗ってるけど、スズキのカタナが
大好きだと言ってるようなものです。
私はバイクも二輪免許もありませんが。

大平先生のこれだけで勝てるシリーズを紹介した時にも書きましたが、振り飛車って相手の戦形に関わらず指せますが(石田流など例外ありますね)
居飛車は相手と、ある程度まで譲歩や同意などの駆け引きがあるので、振り飛車と比べると覚える知識や戦法が多くなります。

ネット将棋を指していて、相手が矢倉を目指していると分かれば私も矢倉に組んで負けフラグを立てていきます。

とは言っても、私は右矢倉や矢倉中飛車を指しても、相矢倉の勉強はあまりしていません。
居飛車振り飛車両方指せるほど器用ではありませんし、あちこちに手を出すとメインで指している振り飛車さえも中途半端になりそうで怖くて出来ないのです。
結構なオッサンなので加齢から
単純に覚えられないのもありますが。

以前紹介した、将棋連盟がYouTubeにアップしている矢倉講座は目を通しています。
矢倉、好きなので。

矢倉は振り飛車…対抗形と違って戦場をハッキリと分けませんし、何なら盤上の全てが主戦場になるような総力戦も珍しくありません。

これは矢倉に限らず、相居飛車特有の戦況だと思います。根拠はありませんがNHK杯戦とか観てるとそう感じるのです。

昔、矢倉を指せるようになったら初段相当の実力だと誰かが言ってましたが、級位者から学べて、盤上の全てで戦うようなバランス感覚を養えるのは矢倉が最適ではないかと思いました。

と長々と書いてきましたが
実は最近、森下先生の「初段に勝つ矢倉戦法」
という棋書を買いました。
矢倉の勉強してないと言いつつ
矢倉の誘惑に負けました…

級位者向けに書かれた棋書では他に同じく森下先生の棋書「なんでも矢倉」という棋書があるんですが、両方読み比べてみたところ、初段に勝つ矢倉戦法の方が分かりやすかったので、こちらを買いました。

少し古い棋書なので、今主流になっている形と異なりますが、棒銀も載ってますし、雀刺しや端攻めの手筋も出てきて攻め方の選択肢が増えて面白いです。特に急戦矢倉の紹介が分かりやすかったです。

なんでも矢倉の方ですが、初段に勝つ矢倉戦法と違い、相手が振り飛車を指してくるパターンを紹介しているので、級位者で矢倉を学びつつ対振り飛車を学ぶなら、なんでも矢倉も良いとは思いますが…参考までにどうぞ。

あと、佐藤慎一先生の「矢倉で勝つための7つの鉄則と16の心得」も良かったです。ぶっちゃけ、これだけ買っても矢倉で勝てるとは思えませんが、矢倉の要所を重点的に覚えるなら持ってて損はしません。

今回は棒銀の話と違い、棋書紹介も交えました。
矢倉の棋書は居飛車の棋書の中でも豊富な方で、有段者向けも多く奥深いです。

ですが、それに比べると級位者、特に初級者に向けた棋書はそう多くはありません。

今回紹介した棋書は少し古いのもありましたが、本屋で取り寄せる事が出来ますし、ネット通販でも入手しやすい本ばかりです。今でもニーズがある証左ですね。

皆さんも矢倉指してみませんか?
小 僧 、 派 手 に や る じ ゃ ね ぇ か !
こ れ か ら 毎 日 矢 倉 を 指 そ う ぜ ?

※今回は相居飛車・対抗形の話なので
振り飛車で出てくることがある
右矢倉は省きました。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]