将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

初級者なりに棒銀を考えてみた(初心者向け)

実は矢倉について書くつもりでしたが、私のような初級者で矢倉といえば、矢倉棒銀が身近に感じます。棒銀も初級者に向いた戦法ですし、今回は棒銀の話を書いていきます。

以前このブログで、初心者が最初に覚えるなら棒銀が良いと書きました。そして、将棋は王を詰ませないと勝てないので、最初に攻めの流れを学んでから守りや囲いを覚えた方が良いとも書きました。

これ、かなり省いていまして…
今回は棒銀を勧めている意図を書いていきます。


最初に簡明で覚えやすい原始棒銀を覚えることになりますが、相手が落ち着いて棒銀を牽制しつつ守りを固めてしまうと、こちらは囲ってないのでそのまま戦うと競り負けてしまいます。

そこで今度は囲いを組みながら棒銀を指す、矢倉棒銀で守りも勉強していくことになります。これだと攻め方はあらかた知っているので守り方を覚えることに専念できます。

ですが、今度は攻めの選択肢が少ないので勝つのが難しくなります。なので、角換わり棒銀などで攻め方の幅を広げていくことになります。

つまり、棒銀を段階的に習得していく過程と
将棋の上達法は同じなんです。

上達するために新たに戦法や手筋の習得するなら
どのように勉強していくか、どう指していくかなど
ノウハウを自分で組み立てる必要があります。

全然勝てなかったり、上達が実感できなかったりとつまずくかもしれませんが、それは初心者も有段者も変わらないと思います。

先述した通り、一番最初に棒銀を覚えるのは将棋の上達法として合理的だと感じた理由です。それで私は棒銀を勧めているのです。

矢倉の話はまた今度。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]