将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

知らない内に友達が将棋をはじめたが…

長くなるので先に書きますが
今回の内容は棋書と初心の頃の話です。

知らない内に友達のひとりが将棋をはじめてました。今までに書いた友達とは別人で、将棋と無縁のスポーツマンです。

本当に何も知らないところから始めたので「何から始めたら良いのか分からない」と訊ねられ、入門書を薦めました。それと「棒銀中飛車駒落ちを勝て!」を貸しました。

それから少し経ってから「振り飛車を指したいが、本屋にあった本を立ち読みしてみたが難しい」と告げられました。

そこで一緒に書店に行くと、入門書は充実してましたが初級者にあった棋書は置いてませんでした。

私も初級者なので振り飛車の棋書全てを貸すのは難しいですが、何冊か選んで貸してみると「ちょっと難しい」と返されました。これは驚きました。

どうやら友達の棋力は初級者の向こう側のようです。なので、私が知っているので一番易しい振り飛車の棋書を薦めました。それは戸辺誠先生の棋書

振り飛車入門・マイナビ

これが一番易しい振り飛車の棋書だと思います。

振り飛車入門と書いてますが、四間飛車の定跡書で将棋の専門用語を極力省き、手番の表記を縦線で表記するなど独自のアレンジを含め、簡易に解説しています。

棋書の最初は駒落ちの10枚落ち(2局)から解説しており、相手側がとにかく緩手を指してます。1局目に至っては悪手まで指しています。全ての対局を終局まで解説してあります。特に珍しいのは

相手の棋力が
将棋始めたばかりの入門者レベルの
定跡書は極めて稀です。

3局目からは平手ですが、それでもかなり緩手が目立ちます。それでも将棋を始めたばかりには、なぜそれが緩手なのか難しいと思いますが、その理由を丁寧に解説しています。

私が将棋を始めたばかりの頃に発売された棋書で入門書と一緒に買った棋書です。ですが、何度か読んで内容を覚える内に「値段の割に情報量が少ない気がする」と思い、売っちゃったのでもう手元にありません。

しかし、今振り返って思うと、周りに将棋を教えてくれる環境が整っていないことを鑑みると、初級者向けの振り飛車の棋書を読んで難しいと思うなら、この棋書はちょうど良い内容だと考えを改めました。

友達の話に戻りますが、友達には書店で振り飛車入門を取り寄せてもらいました。時間はかかりますが、楽しみにしているようです。

友達を通じて、私が将棋始めた頃の初心、姿勢を見つめ直す良い機会になりました。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]