将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

「四間飛車上達法」を買いました(追記あり)

今更ですが年が明けましたね。今年もよろしくお願いいたします。

全然自己紹介してないので、ここでついでに自己紹介します。ただ今、風邪と将棋をこじらせている豆腐と申します。

年末に浅川書房から発刊された藤井猛先生の新書四間飛車上達法」を買いました。

私は四間飛車党でして、四間飛車の新書に思わず飛びつきました。衝動買いです。

もう少し四間飛車の勉強をしたかったので買ったこと自体は良かったと思うんですが、同時に疑問を抱きました。

四間飛車の基本指針を取り上げた棋書はある程度充実しています。私はこのブログで以前に

・よくわかる四間飛車 マイナビ
・ホントに勝てる四間飛車 河出書房新社
四間飛車がわかる本 浅川書房

この3冊を紹介しました。今回買った棋書に対象棋力は「初心者から四段」と書かれていますが、3冊の棋書と比べて鑑みると、どのレベルでの範囲なのか個人的な主観になりますが、早速今から読んで感想を書いていきます。

・・・

のつもりでしたが、この棋書は四間飛車の基本指針を藤井先生の将棋観を通じて、対話形式で構成した四間飛車セミナー本でした。

内容に関しては割愛しますが、ぶっちゃけAmazonのレビューでかなり明確に書いてる方が多数いるので内容は本屋で直接軽く読んでもらうか、レビューを読んだ方が数段分かりやすいです。

自分の文才の無さを棚に上げつつ話を戻しますが、前述の3冊と方向性が異なっているのです。3冊の中で性質が1番近いのは先崎学先生の「ホントに勝てる四間飛車」ですが、それよりも初歩的なここから攻めるのか?それとも守るのか?というようなタイミングを決める部分まで取り上げています。まるで四間飛車のトリセツです。

この内容は珍しいです。何故なら、どんな方法で勉強を積み重ねても攻めや寄せなど、全てのタイミングを決めるのは実際に指している読者自身なので、例え同じ勉強法をしたとしても解釈の違いから個人差が出てきます。

なので、私のオススメの読み方は、戦術を取り上げた前述の3冊(の内のどれかあればOK)、それと定跡書(四間飛車を指しこなす本など)と3点セットで読むのがオススメです。

まだ全て読んでませんが、恐らく有段者でも満足できると思います。その理由は有段者にこぞって読まれている、同じく藤井先生の棋書※「四間飛車の急所」の補足してる箇所があるからです。

※64頁の5七銀左戦法の話
四間飛車の急所 第3巻」 で取り上げたとの事。

藤井先生、宣伝うまいなーと思いつつも
3月のライオンで、勉強した分しか上達しないと言った
島田さんの言葉が胸に刺さります。

漫然と将棋を指す「6五歩おじさん」にならないように勉強頑張ります。

ところで6五歩おじさんって藤井先生の新ネタですかね?


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]