将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

デイジーをもう一輪を攻略してみた[前書き]

攻略するのに少し困ったことがありまして、今回攻略する「デイジーをもう一輪」ですが、前作よりもマイナビさんが頑張って作った結果

シナリオに分岐点があります。

分岐点があるだけなら問題は無いんです。
ただ、シナリオが番号で割り振られているだけなので、もう一度ストーリーの途中から指したい時、どこが分岐だったか把握しづらい仕様なのは困まりものです。
(分岐があるならフローチャート方式など
選択出来るように作ってほしかったのが本音です。)

分岐点は全部で5ヶ所あります。
最初の分岐点でエンディングの結果が大きく異なってきます。全てのルート確認に時間かかりました。

エンディングは全部で4つあります。
その内の3つに大きな違いは無いのですが…その違いは実際にプレイして確認してみてください。

全ての対局に勝利すると
ベストエンディングになります。
(分岐点の無い通常の対局なら
何度負けても大丈夫です。)
※通常の対局では負けても再度挑戦出来ますが
分岐点のある対局で負けると再度挑戦出来ずに話が進んでしまうため、ベストエンディングを目指すなら分岐点のある対局では絶対に負けられません。

残り一つのエンディングは知らない内に話が完結してるエンディングになります。事実上のバッドエンディングですが、最も対局数が多いルートです。
(私個人の感想ですが、
このルートで難しい対局はあまり無かったです。)
通常のルートでは見られないストーリーやこのルートでしか対局しないキャラとの対局もあるので、全く選ばないというのは損します。

今回は攻略やシナリオについて書きたいことが多いので、あらすじと登場人物紹介は別記事に書いておきます。肝心のシナリオの方は5回に分けて攻略します。

1.シナリオの最初から序盤の7局まで

2.将棋道場での将棋大会の4局

3.大会終了から中盤の分岐までの4局

4.ベストエンディングと別エンディングのルート

5.残りの別エンディングまでのルート

これらに分けて攻略すれば、全ての分岐がどこに派生するのか分かりやすくなると思ったので、こういう形での攻略にしました。あと自作のフローチャートも載せておきます。

それでは次からは
「デイジーをもう一輪」の攻略をします。
あらすじと登場人物紹介は先述の通り、
別記事での記載にしてあります。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]