将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

激指の検討モードを忘れてた話

お久しぶりです。ここ数日、体調を崩していたので将棋とブログをしばらく休んでいました。今更ですが、一言ぐらい書いておけば良かったと反省してます。すみませんでした。

話を本題に移しますが、以前の記事に私は激指を指導対局棋譜の解析に使っていると書きました。

ハム将棋や将棋クエストで負け続けているので、棋譜を激指に解析させると優劣がハッキリと出るので、どの局面で私が悪手を指しているのか良くわかるのですが、棋譜の解析では最善手までは教えてくれません。

しかし、激指には検討モードというのがあり、指し手毎に激指に最善手を激指に検討させることが出来るのです。

検討モードでは激指が最善手から順位をつけて複数指し手を検討できます。最高で10まで指し手を増やして検討できて、検討手順に定跡を使用することも出来ます。

激指を買って数年経ちますが、この便利な機能を完全に忘れてました。

試しに、将棋クエストでの対局で形成判断がしづらい対局がありまして、その対局では最後お互いが詰めろの局面を競り勝った対局でした。

その対局の棋譜を検討させるとお互いが詰めろになった理由が私の寄せ方が緩かったためで、私の勝因は相手が詰めろをかけていたことに気付いていなかったことで、相手の持ち駒を何か一つでも私の自陣に打ち込まれると即詰みされていました。

今までは悪手を指した局面から、最善手を自分なりに考えてましたが、私の棋力ではまともな指し手が思いつくはずもなく、また、今では友人の手助けもないので、どう指せば良いのか困ってましたが、棒銀くんを通じて色んな方の将棋のブログを目を通しているときに激指を使っている方のブログを読んで、検討モードを思い出しました。

検討モード使ったぐらいでいきなり棋力が上がったりはしませんが、問題点がハッキリするのはメンタル的に楽で良いです。

ドラクエなどのゲームなら例え全滅しても、要点が分かりやすいので次にどう対策すれば良いのかハッキリしてますが、将棋の場合、知識はあっても強い手を指すにはどうしても経験に寄るところが多く、上達に繋がるものは最大限に使った方が良いと再確認しました。

あと、機械に弱いのも問題ですね。