将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

ネット対局の感想と私の変化

将棋クエストなどのネットでの対局を指し続けて、しばらく経ちました。

ここ最近は対局が少なく、その上、全く勝っていないので、対局日誌を更新出来なくて申し訳ないですが、対局で気になったことや、ちょっとした変化を書き綴っていきたいと思います。


その1 相振り飛車の対局数がとても少ない

私は振り飛車党ですが、相振り飛車になったことがとても少なく、対抗形の対局が多かったです。

それと対抗形を多く対局した理由の一つに筋違い角を指す方も結構いまして、そこから私が振り飛車を指しにくくなると、そこから相手が振り飛車に指すこともあり、対抗形になることもありました。

ですが、私が相振り飛車の対局が少ない一番の理由は、相手が振り飛車党でも相振り飛車を回避する方が多いことです。

将棋クエストは対局した相手のデータも見られるので調べてみると、対抗形になった対局相手の得意戦法を見ると相手の得意戦法は振り飛車の方が多く、相手が振り飛車を指した対局では、居飛車を指してたりと相振り飛車を避けている方が多かったです。

私自身が相振り飛車を指したことがほとんど無いので、回避している理由が分かりませんが、もう少し注視しようと思います。

振り飛車の勉強しようとしてたのですが、ほぼ全く指してないので、しばらくは大丈夫そうです。


その2 私が好んで指す戦法の変化

私は将棋クエストを始める前は、角道を止めた四間飛車を好んで指してました。しかし、将棋クエストでは角交換を好んで指す方が多く、私が角道を止めても開戦すると多少強引でも角交換を挑んでくる方が多く、その結果、私も進んで角交換四間飛車を指すことが多くなりました。

角交換四間飛車は角道を止めた四間飛車と感覚が全く違うので、最初は強引な角交換に戸惑いましたが、今は何とか指せるぐらいにはなったと思います。

その反面、中飛車を指す機会が減りました。私は中飛車が下手で振り飛車の中で中飛車が一番勝率が悪く、中飛車の棋書などで補ったりしてますが、今のところ成果は出ていません。

とはいえ、対局中ずっと同じ筋に飛車が居座ってるわけは無く、途中で飛車を振り直したりするので、一概に中飛車がダメだとかは断言出来ないのですが、歯がゆいです。