将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

千里の棋譜で遊んでみた

皆さんは将棋をテーマしたスマホのゲーム
「千里の棋譜をご存じですか?

千里の棋譜のゲームのジャンルは
ミステリー・推理ものになります。

将棋界を舞台に、謎の将棋ソフトとそれに取り巻く人間関係から起きた事件を解決していく内容です。

最初からストーリーが完結するまで三部作あり、全て無料で遊ぶことができます。
※完結編から遊ぶこともできますが、一作目から遊ぶことを推奨します

トーリーの途中、バッドエンドはありますが、多くの場面でセーブできますし、セーブしてなくてもバッドエンドの直前から再開もできるのでゲームとしての難易度は低めです。

将棋を扱うゲームなので将棋用語が出てきますが、解説があるので置いてけぼりにはなりません。また、対局や詰将棋を解かないといけない場面がありますが、将棋を全く知らない方でも遊べるように救済措置があるので
将棋のルールに疎くても問題はありません。
※対局は千里の棋譜では出来ません。対局するには将棋アプリの将棋クエストが必要になります。

これらの背景は制作側が将棋の普及を掲げており、千里の棋譜シリーズを無料で遊べたり、将棋を全く知らない方でも遊べるように工夫されています。
渡辺明二冠も千里の棋譜をブログで紹介したりと将棋棋士もオススメしてます。

この制作に協力してくれた将棋棋士高橋道雄九段がおり、ストーリーに高橋九段も登場します。知らない方もいますが、高橋九段は凄いアニメ好きでアニメ好きなこともストーリーに組み込まれてます。

完結編からは高橋和(やまと)元女流棋士もストーリーに登場します。あと、和さんが運営している将棋教室将棋の森も出てきます。

※ストーリーと直接接点はありませんが、将棋の森との連動企画もあるので、実際に訪れてみるのも良いと思います。

私は元々ファミコンなどのレトロゲームアーケードゲームが好きですが、こういう推理もので遊んだことはありませんでした。

しかし、対局できる将棋アプリとは違うジャンルのゲームである千里の棋譜に興味を持ち、一作目から遊んでましたが最近、完結編がでたので早速、遊んでみました。

内容はネタバレになるので省略しますが、ゲームや将棋に疎くても登場人物がそんなに多くいないのでややこしくないですし、ストーリーには実際の将棋の歴史や実在する場所が出てきたりと結構、本格的なミステリーです。

私の感想ですが、将棋界の歴史や事実をうまくストーリーに組み込んでいて、良く出来ていると思いました。

ちょっと遊んでから、
ブログに書くつもりでしたが気がつくと
エンディングまでぶっ通して遊んでました。

皆さんも千里の棋譜
遊んでみてはいかがですか?