将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

指導の援助を絶ちました

私の友達に将棋の有段者がいまして、将棋を始めてから約3年近くの間、私の下手な将棋を我慢強く指導してもらってました。

ですが、その友達の指導をやめました。

理由は友達の子育てが忙しくなったためで、トラブルや揉めたなどのトラブルが原因ではありません。

友達は私の家の近所に住んでいて、子供の頃から気軽に良く通っています。ですが、友達の家庭の事を考慮するとこれ以上はマズイと思い、指導をやめてもらったのです。

友達とは直接会ってお礼を言いましたが、
ここでもう一度、ありがとう。