将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

将棋クエスト対局日誌[30級→28級]

私は将棋クエストの対局を始めました。
将棋クエストは30級からのスタートなので、まずは目標を25級へ目指していきたいと思います。

今回の挑戦では11局対局しました。
結果は2勝9敗でした。
何とか30級から28級まで昇級出来ました。


[30級→29級 昇級条件:1勝]
最初の対局はbot(コンピューター)でした。
私の四間飛車bot居飛車の対抗形になりました。序盤の時点で気付きましたが、明らかに実力差があり、すぐに完敗しましたが、完膚なきに負かされたので、むしろ緊張がとけました。気を取り直して次の対局を挑みました。

次の相手は別のbotになり私の後手番でしたが、
なんとか初勝利しました。
ただ、特に詰めろとか何も無い場面での投了だったので勝因が全く分かりません。


[29級→28級 昇級条件:1勝]
恥ずかしい話、特に語るところ無いほど酷い将棋を差し続けてしまい、8連敗しました。
次の対局で、ここまでにしようと区切り
最後の対局に挑みました。

今回の対局の半分近くは相振り飛車になりましたが、この対局で始めての振り飛車穴熊との対局で相振り飛車になりました。
(共に四間飛車でしたが、私は美濃囲い、相手は穴熊でした。)

相手の穴熊の駒組みが、ひたすら玉を隅へ移動することを最優先していたので、あまり穴熊を指していないのでは?と思い、私は急戦をしかけました。
(急戦を挑んだ理由は穴熊を完成されると攻略出来ないと思ったからです。)

角交換すると穴熊に組みにくい状況になるのにも関わらず、何故か角交換してくれたので、そこから飛車で相手の金駒を睨みつつ、桂馬で金と飛車の両取りをかけた局面で通信切れ勝利しました。
どうやら相手側に何かあったようです。


何とか勝てましたが、私の棋力では25級まで相当高い壁があると痛感しました。