将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

将棋ソフト比べてみました(AI将棋編)

最後はAI将棋18です。
AI将棋18の最弱は接待員です。
接待の文字が見えた瞬間にもう一段階強くして
指し直すんだろなぁと思いました。

その通りになりました。

・駒の動きはめちゃくちゃ
・飛車や角に桂馬のような
機動力のある駒を優先して指してくる

機動性ならエルガイムだって!
・積極的に攻めてくるが
連係した攻撃では無いために
こっちを崩せるだけの火力はほぼ無い
・あまり囲わない、ほぼ居玉
水平線効果による王手のラッシュ

水平線効果とは、ブルータスお前もか

AI将棋18接待員の投了図です。

【第59手☗4一飛打まで】
f:id:toufunokadohasokosokokatai:20170429152711j:plain今までの将棋ソフトの中で一番弱かった銀星将棋の入門よりほんの少し強いという印象です。

次に強い10級で指し直しました。


10級になると今度は機動力がガタ落ちしました。
・ほぼ居玉
・攻めが遅い・重い
・強引な攻めは無く、受けも弱い
・玉を囲わない、受けようとしない

AI将棋10級の投了図です。

【第47手☗7一金打まで】
f:id:toufunokadohasokosokokatai:20170429153745j:plain接待員と比べて同じ将棋ソフトとは思えないほど、指し方を変えてきましたが、全てが中途半端の印象でした。

初級者のお前が何を言うかと言われたらそこまでですが、今回の対局を通して私は一つの疑問が出てきました。

続きは次の記事で。