将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

ざっくり棋書リスト

今まで薦めてきた棋書ですが、実はこのブログを始める前にあらかじめ準備して書いておいたものでした。前もって準備していた理由は次の記事で後述します。

ここから話を本題に入りますが、ブログを始める前に、まずは将棋を知らない人の意見が聞きたくて、将棋を全く知らない友達に棋書の記事を全て読んでもらいました。

その友達の感想です。

将棋を始めるのに色々必要なのは分かった。
ただ、あまりにも多くて覚えられないよ。
まずは何から揃えたら良いの?
必要最小限にまとめると、どうなるの?
友達から感想指摘を受けました。
数日かけて幾つもの記事に上げてしまうと揃える棋書の優先順位などが分かりにくくて、ちょっと伝わりにくいですね。良いアドバイスを貰いました。
今まで紹介した棋書を軽くまとめました。

駒の動かし方を全く知らない方を【入門者】
駒の動かし方を知ってる方を【初心者】
子供の頃に少し遊んだことがある方を【初級者】
象棋力を好き勝手に仮定して
入門者から初心者まで 初心者から初級者まで
2つに分けて、まとめました。
ざっくりなので一部の棋書を省きました。
また、著者・発行所も省略します。
ざっくりなので小文字です。
赤文字はその中でも特に推薦する物や棋書です。


入門者から初心者へ向けた ざっくりリスト
駒を動かしながら棋書を読んだ方が理解しやすいです
・将棋駒と将棋盤(将棋マットでも良いと思います)
※駒が掴みやすく、扱いやすければ安物で充分です

初めて将棋を学ぶなら[みるみるシリーズ]です
羽生善治のみるみる強くなる将棋入門
羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門
羽生善治のみるみる強くなる将棋終盤の勝ち方入門

子供には[みるみるシリーズ]より、こちらをお勧めします
羽生善治のやさしいこども将棋入門
羽生善治のこども将棋序盤の指し方入門
羽生善治のこども将棋中盤の戦い方入門
羽生善治のこども将棋終盤の勝ち方入門

二冊のうち、どれか一冊あれば充分です
井上慶太居飛車棒銀で戦え
・なんでも棒銀
最後は王様を捕まえないと勝てません
捕まえ方を覚えましょう

・1手詰ハンドブック
・寄せの手筋200
※駒のヒモを最小限でも理解しないと
王様を捕まえられませんので必須です



初心者から初級者へ向けた ざっくりリスト
私は四間飛車をお勧めします
・よくわかる四間飛車
四間飛車を指しこなす本①&②
自ら主導権を握りたい振り飛車を指したい方は
・角交換四間飛車を指しこなす本
・角交換四間飛車で勝つための24の心得
中飛車を始めたい方にお勧めします
・なんでも中飛車
・ひと目の中飛車
振り飛車向けの手筋(テクニック)の勉強に
・速効!振り飛車の絶対手筋105
・美濃囲いを極める77の手筋
手筋(テクニック)の修得と終盤力の養成&強化は必須です
・手筋の教科書
・羽生の法則①歩・金銀の手筋
・羽生の法則②玉桂香・飛角の手筋
・3手詰ハンドブックⅠ&Ⅱ
・寄せが見える本【基礎編】

一局を攻略するために必要な構想力の養成と地力の強化
将棋の形勢判断など感覚の分野、つまり【大局観】の養成

棒銀中飛車駒落ちに勝て!
・上達するヒント

以上で、ざっくり棋書リストでした。
前述しましたが、幾つかの棋書を省いてます。
簡単な一覧表にどうぞ。