将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

オススメ棋書紹介(その他・前編)

最後に薦めたくて紹介したいけど、対象棋力や棋書の方向性から、今までのカテゴリーに入れられなかった棋書を紹介していきます。
今回は私の構成能力と文才の無さから
[前編・後編]に分けて紹介します。

全部で六冊紹介しますが、今回は四冊の紹介で
その内の二冊は名前だけの紹介になります。


はじめて穴熊を指したい方に
・ホントに勝てる穴熊
(先崎学河出書房新社)
以前紹介した「ホントに勝てる四間飛車
シリーズで発行され
「ホントに勝てる四間飛車
「ホントに勝てる振り飛車
「ホントに勝てる穴熊

と発行されました。
ホントに勝てる穴熊ホントに勝てるシリーズ
最後の棋書です。

穴熊は堅い半面、攻め駒が少なく、独特の指し回しの感覚が求められることから、修得するためにはある程度の棋力が無いと、かえって攻め方がおかしくなっていくので級位者に向けた棋書は少ないです。

「ホントに勝てる穴熊」は前書同様、先崎学九段感覚最優先の解説は中級者からでも分かりやすく、居飛車穴熊」と「振り飛車穴熊両方の定跡と指し方のポイントを解説しています。
ダメなところはバッサリ切り捨てる
容赦の無さも健在ですよ。

棋風が居飛車振り飛車を問わず穴熊を学べるので、中級者ぐらいの実力があり、穴熊を指してみたい方にオススメします。

「ホントに勝てる振り飛車
四間飛車以外の戦法を解説しています。
こちらも良書ですが、このブログでは
四間飛車を中心に紹介する方向性から
取り上げませんでした。
他の振り飛車を指すなら参考にどうぞ。
ダメなとk


次に初心者に薦めたい中飛車の棋書は
・なんでも中飛車
(森下卓創元社)
こちらもシリーズ本で以前紹介した
「なんでも棒銀
なんでもシリーズの二冊目で
なんでも中飛車
なんでも棒銀
なんでも矢倉

と発行されました。
実は中飛車も初心者が始めるのに
オススメの戦法です。

初級者に勧める中飛車の方針は中央突破と明確で、覚えることが少なくて済むことから、最初に覚える戦法として良いのですが、いきなり地力の勝負になりやすいので、一旦要領を掴み損ねると上達に時間が掛かること

それと、以前に紹介した四間飛車対策の棋書自体が少ないことが、私が初級者へ中飛車の紹介を避けた理由です。

話を戻しますが、なんでもシリーズは
内容と解説とにかく簡明で、初心者や初級者向けに書かれています。

本の帯には「有段者は読まないでください」
と書いてます。何かのフラグですか?

中飛車の棋書ですが居飛車振り飛車の戦形を取り上げてあります。居飛車振り飛車かまだ決まってない方にも読みやすいです。

中飛車を指す方が多いので、相振り中飛車にもなりやすく、相振り中飛車を取り上げているのも、
オススメの理由です。

今では、ほとんど見ない
「ツノ銀中飛車」や「矢倉中飛車
「カニカニ銀」などの
マイナーな戦法の解説まであります。

特に「カニカニ銀」ネーミングセンス皆無
ほぼノーガードの超攻撃特化型の戦法です。

なんでも矢倉
初心者と初級者に向けた内容なので
居飛車や矢倉を指してみたい方は
読んでみてください。


以上で私のオススメの
その他の棋書な紹介(前編)でした。

次も引き続き
「その他の棋書・後編」を紹介します。

続きは次の記事で。