将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

オススメ棋書紹介(戦法書・後編)

今回は四間飛車よりも積極的に攻める
「角交換四間飛車の戦法書と
中飛車「石田流」の問題集を紹介します。
全部で四冊紹介しますが、四冊とも初心者には
[少し難しい]
です。
ですが、一局を通して指せるようなったくらいの棋力と知識があれば問題ないと思います。
今回は角交換振り飛車を中心に紹介します。


最初に「角交換四間飛車を紹介します。
角交換四間飛車先手でも後手でも指せます。
お互いに角を持っているので、相手からの速攻される心配は無く、持久戦になりやすい戦法です。

自分から攻めにいけるのも魅力的で向かい飛車からの「逆棒銀の破壊力は抜群です。
相手が角交換四間飛車の知識が全く無い初級者なら、場合によっては一方的に攻め倒すことも出来ます。
しかし、逆棒銀のような激しい攻めは同時に反撃も激しいことを意味します。

攻めるタイミングを間違えるとあっという間に負けてしまうこともあるので、角交換四間飛車を一から学ぶには攻める手順を覚えるというより、攻めるタイミング攻めのバランス「二つの感覚」の習得が優先されます。


通常の振り飛車とは全く異なる、二つの感覚と戦略の構想力を養う必要があるので、そこでオススメする棋書を二冊紹介します。
・角交換四間飛車を指しこなす本
(藤井猛浅川書房)

前回、紹介した一問一答方式の問題集、「指しこなす本」と同じタイプの問題集の角交換四間飛車版です。
この棋書一冊あれば、充分ですが
「第4章腰掛け銀との戦い」の辺りから内容が難しくなっていきます。
ですが、初級者が指す様な手順では無いので、角交換四間飛車の感覚に慣れるまでは第1章から第3章まで繰り返し、読み返すだけで問題ありません。


ここでは紹介していない棋書も含めて「角交換四間飛車」の棋書通常の振り飛車の棋書よりも多彩な攻め方を指南していますが、攻め方が多過ぎて整理が追い付かなくなりそうなので、少し考えを整理するために紹介したいのが
・角交換四間飛車で勝つための24の心得
(安用寺孝功・マイナビ)

角交換振り飛車を全く指したことのない人と「角交換四間飛車」の参考書代わりにオススメします。

私の得意戦法はノーマル四間飛車なんですが、一時期左美濃(最新の左美濃急戦ではありません)に全く勝てなかったので左美濃対策に幾つか新しい戦法を試そうと何冊買った棋書の一つですが、この棋書で取り扱っている終盤戦略には
「舟囲い」「矢倉囲い」「銀冠」の崩し方が解説してありますが、この棋書に左美濃なんて全く出てきません。何で買ったんだ?

序盤・中盤・終盤の局面ごとに解説してあります。本のタイトル通り24の心得を説明しています。
それとは別に、安用寺六段の実戦から、二局を取り上げた解説もあります。

序盤は駒組みから定跡を少し説明していきます。
中盤で大駒のさばき歩の手筋など解説。
終盤では囲いごとの崩し方数パターン、攻めの速さ計算しながら攻略のポイントを解説しています。

崩し方一つ一つに点数をつけている意図は、解説している局面と実戦の局面の違いでも角交換四間飛車らしい、指し手の考え方を自主的に促す意図が見受けられます。

最後の心得に「美濃囲い」の基本的な受け方を解説してあるのも初級者にはとてもありがたいです。
心得一つに見出しが書かれているので気になる見出しを先に読んでも構わないと思います。

この棋書の方針最善の手順手取り足取り教えるものではなく角交換四間飛車独特の感覚の養成であり、特定の局面から何パターンもの構想を解説しています。
前述の「角交換四間飛車を指しこなす本」とは扱ってる内容は異なりますが、「指しこなす本」の補助的な棋書としてもオススメです。

心得一つ平均8ページ前後かけて、テーマごとの基本図を中心に相手の指し手を幾つか変えながら解説していくので、私の様な級位者では、頭の中だけで変化をイメージ出来ないので、実際に駒を動かしながら読んでました。
読みながら駒を動かす様子は忙しそうな感じですが、慣れれば問題ありません。

ほんの少しですが、相振り飛車の形も出てきます。


最後に三間飛車の戦法の一つ
「石田流」中飛車問題集です。
得意戦法にしていくためには内容少し足りませんが、本格的な棋書を買う前の下準備予習に、すでに「石田流」中飛車を指してる方には要点の再確認にもなるのでオススメです。
・ひと目の中飛車
・ひと目の石田流

(長岡裕也マイナビ)

それぞれ180問収録の問題集です。


まず「ひと目の中飛車から説明します。

問題集ですが、駒組みから出題するので簡易な定跡書代わりになり、解答の他に、変化を含めた解説もしているので、意外と充実した内容です。

将棋の戦法は手番次第で序盤の駒組みから工夫しないといけない戦法が多いので、先手、後手両方で問題を用意してあるのはありがたいです。
ただ、後手番の問題が多いので、先手中飛車を指すには少し足りないところもあるので、先手中飛車の棋書と一緒に読むのもオススメです。

問題数の2/3が後手を指す形なのですが、図面はそのままなので、慣れないかもしれませんが、図面はそのままの方が理解はしやすくなります。
理由は他の棋書の後手番の解説の中に、図面を前後逆にして解説するのがありますが、図面をひっくり返すということは符号(マス目の場所のことです)が全て逆になるので、混乱してしまうからです。


次に紹介するのは「ひと目の石田流」です。

前述の「ひと目の中飛車」は後手中飛車(ゴキゲン中飛車)を重点的に扱ってました。
しかし、石田流先手番で指す戦法なので、先手番の問題がほとんどです。
石田流も序盤から気を付けないといけないのですが、前述の「ひと目の中飛車同様、簡易な定跡書代わりになり最初の駒組みから出題するので、石田流の定跡を学ぶことが出来ます。

また、急戦と持久戦の要所も押さえてあり
振り飛車の問題もあります。
振り飛車 30問
三間飛車 24問

問題数も豊富です。

筆者が「ひと目の中飛車」と同じ、長岡さんで、こちらも解答と幾つかの変化を解説しています。

最後にさわりぐらいですが
後手番の石田流の問題が6問あります。


以上で私のオススメの戦法書の紹介でした。
ここで一旦、小休止を挟みます。
小休止の後は「終盤」の棋書を紹介します。

続きは次の記事で。