将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

オススメ棋書紹介(手筋編)

今回は「手筋」の棋書です。
全部で三種類、四冊を取り上げます。


まず紹介するのは
羽生善治の手筋の教科書
(羽生善治河出書房新社)

最初に手筋を覚えるなら
「手筋の教科書」をオススメします。

手筋の棋書は、特定の場面で活用出来る手筋を取り上げる棋書と駒に焦点を合わせて、駒の特性を活用した手筋を取り上げる棋書に、両方取り上げてまとめてある棋書や手筋を解いていく問題集など多種多様にあります。

「手筋の教科書」は駒に焦点を当てており
歩・香・桂・銀・金・角・飛・玉駒ごとの手筋を易しく解説してあり、一つの手筋に一ページかけて解説してあります。

「手筋の教科書」では「歩の手筋」を一番多く取り上げられていて、重要性の高さから棋書全体の1/3を歩の手筋で占めています。
歩は一番弱い駒ですが、枚数が一番多い駒なので活躍出来る場面が多く、高度な棋書の中には歩だけを収録した手筋の棋書があるほど歩の重要性は高いです。

入門書では駒の動けるところは説明していても駒の特性までは詳しく説明していないので「手筋の教科書」手筋を学びながら、駒の特性を学ぶことが出来ます。

手筋が理解出来るようになると、他の棋書を読んだ際に筆者の意図が理解しやすくなり、棋書を読み解く力が養えます。
※特に定跡書だと「手筋」と一言だけ書かれて説明を省いていることもあるので、他の棋書を読む時に必要な知識として手筋は知っておいた方が良いです。


次に紹介するのは二冊です。[少し難しい]
・羽生の法則①歩・金銀の手筋
・羽生の法則②玉桂香・飛角の手筋

(羽生善治日本将棋連盟マイナビ)

過去に六冊のシリーズで出版された
「羽生の法則」三冊にまとめ直して再販した棋書です。
大きな違いは二冊を一冊に収録していることで、内容に変化は無く、二冊分収録されているのでお得です。今回は取り上げませんが、羽生の法則にはもう一冊あり、羽生の法則③玉の囲い方・仕掛けもあります、参考にどうぞ。

「手筋の教科書」よりも少し難しいですが、実践的で実用的な手筋が収録されています。特に羽生の法則①の歩の手筋解説秀逸是非読んでもらいたい棋書です。
一つの手筋に対し、二ページかけて解説してあります。
少し分厚いですが、文庫本サイズなので持ち運びに困りません。
ただ、文字が小さいので老眼には辛いです。
私20代前半で老眼になりましたけど、何か?


最後に紹介するのは
・「次の一手」で覚える将棋基本手筋コレクション432
(将棋世界日本将棋連盟マイナビ出版)

この棋書は過去に出版された「ラクラク次の一手」「ラクラク次の一手2」二冊を一冊にまとめた問題集です。
今まで取り上げた棋書と違い、実践形式の問題を解いていく問題集なので実力の確認と実力アップに繋がります。
問題の内容は場面毎でまとめてあり、序・中盤の場面終盤の場面の問題に、少し難しい中間試験卒業試験まで豊富に揃えてあり、問題数は全部で432問あるので、お得です。

「羽生の法則」と同じ大きさの文庫本サイズですが、「羽生の法則」より文字が少し大きめです。
老眼の私には、ありがたい配慮です。


以上で私のオススメの手筋の棋書の紹介でした。
次は詰将棋の棋書を紹介します。

続きは次の記事で。