将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

棋書紹介の概要と3つのポイント

これから私の薦める棋書の概要と
3つのポイントを書いておきます。


まず、概要からですが
将棋の上達に必要な棋書は大きく分けて
「手筋」「定跡書」「戦法書」「詰将棋
四種類の棋書だと思います。

その内の定跡書に関してですが、定跡書の多くは基本知識と棋力も無しに初心者がいきなり読破するのは難しいので、例外を除いて定跡書の紹介を省略します。

これから紹介する棋書は
「手筋」「戦法書」「詰将棋」「終盤」
振り飛車向けの手筋」「その他」

六つのカテゴリーに分けて棋書を取り上げていきます。
それと私は振り飛車しか指せないので居飛車を指したい方へ向けたオススメの棋書を紹介出来ません。申し訳ありません。
しかし、居飛車振り飛車どちらを指すか決まってない方、まだ決められない方や、居飛車を指すきっかけとヒントになりそうな棋書を数冊見つけたので、「その他」の項目で紹介します。


一つ目のポイント [対象の棋力]
私が薦める棋書を読み解くのに必要な棋力は入門書の内容を全て理解して、好きな戦法が一つ見つけたぐらいの強さ、つまり入門者を卒業し、初級者相当の棋力です。
一部、初級者には内容が少し難しい棋書も書いていきますが、その場合は[難しい]と書いておきます。
二つ目のポイント
[棋書を読むときのヒント]
棋書を読むときは一緒に
「駒と盤」を用意してください。
場面の進行をイメージしながら読むよりも、実際に駒を動かしながら、読み解いた方が理解しやすいです。
3つ目のポイント [棋書選び]
最後に知って欲しいことは、棋書を選ぶ際に注意しておきたいポイントがあります。

中古の棋書の場合、同じ棋書でも再販時に内容を変更、訂正していたりするので、中古の棋書を手に入れる時は、ネットなどで古書の情報を確認してみてください。
棋書の情報を細かく集めているサイトもあるので、情報の確認はしやすいです。

棋書は内容が良くても、余程売れている良書じゃない限り突然絶版する可能性があります。
さらに良質な古書だと高かったり入手が難しいのです。


私は約三年前から将棋を始めましたが、最近は今まで再販しなかった良書が再販したので、良書が手に入りやすい環境で将棋を始めることが出来ました。
今までは良書に限らず、再販すること事態があまり無かったらしく、今から将棋を始める方は恵まれていると言えます。
最後に、私の拙い構成と文才の無さから概要が長すぎてしまい、棋書の紹介が別になってしまいました。申し訳ありません。

棋書の紹介は次の記事に書いてあります。
是非、ご覧下さい。