将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

私が棒銀を推す理由

この記事での棒銀とは「原始棒銀
などの初級者向けの棒銀の話です。

入門者や初心者にオススメする戦法は
棒銀の他に、四間飛車(しけんびしゃ)など複数ありますが、私が入門者と初心者に棒銀をオススメしている理由は三つあります。

一つ目攻めの基本的な戦略を身に付けること。
前にも書きましたが、攻めないと相手の王様を追い詰められずに勝つことが出来ないので、最初に攻めの形を覚えることで、勝ちまでの流れを身に付けることが出来るようになるという、私の経験です。


二つ目は、上達するにつれ居飛車振り飛車に戦法が分かれても、上達の妨げになりにくいところです。
棒銀は覚えるのに必要な情報量が少ないので、覚えやすく身に付けやすいです。それは同時に上達次第ですが、他の戦法を覚えるのに差し支えなかったりとメリットがあります。
私は振り飛車を指すのですが、攻めの基本的な戦略は居飛車振り飛車の戦法などの違いに左右されないので私は棒銀を覚えても困るようなことはありませんでした。今でもたまに棒銀の棋書を読み直したりしています。


三つ目リスク管理能力の強化です。私が棒銀を推す一番の理由です。将棋は基本、同じ駒の種類と同じ数で戦うのでお互いの戦力は同じです。違いは指す人の実力指す順番の違いです。将棋は交互に指していくので例え、お互いの実力が同じでも必ず差がつきます。
今のところ将棋には必勝法は存在しないので棒銀に限らず、ノーリスクで指せる戦法はありません。
つまり、将棋の強さに求められる要素必然的にリスク管理能力を求められます。棒銀攻めの成功と失敗がハッキリする分、戦況に必要な駒の価値や、有利か不利かの戦況判断能力が鍛えやすく、他の戦法よりも早く、一局を通して戦況が見えやすくなります。


私も将棋を指し始めたときは、どんな状況でも、有利か不利か全く分かりませんでした。戦況の感覚は対局を重ねないと身に付かないので、しばらくは負け続けたり、我慢の将棋が続きましたが、棒銀なら反省点もハッキリ見つけやすいので上達しやすいというのが私の結論です。

ですが、私が棒銀を推しているのは
上達を見通した前提の話で、楽しく指せるなら棒銀にこだわる必要はありません。
これらはあくまでも私の経験論で、あまり棒銀固執しなくても良いと思います。
基本的には楽しく指せるように応援していきます。

次の記事は、私が上達に役に立ったオススメの棋書をカテゴリー毎に取り上げていく予定でしたが、棋書を取り上げる前に一つ書くの忘れていました。
それは入門者や初心者にオススメの将棋ソフトとブラウザ将棋を取り上げるのを忘れていました。

すみませんが、次は入門者と初心者にオススメの将棋ソフトとブラウザ将棋を紹介します。

続きは次の記事で。