将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

本選び失敗談

私は本選びで失敗しました。
入門書は問題なかったですが、失敗したのは
棒銀の本」でした。

あまり将棋を知らない私でも棒銀入門者向けの戦法だというのは知ってましたが、選んだ本が入門者向けの原始棒銀では無く、※初段前後の実力のある方に向けて書かれていた本でした。
入門者向けでは無いですが、良書なので下に書いておきます。参考にどうぞ。
※初段前後と判断したのはアマチュア有段者の友達の判断です。ご了承ください。

最強棒銀戦法 決定版
著者 飯塚祐紀 出版社 創元社

私が間違えて買った本は、とても良い本ですが前述の通り、入門者向けの本ではありません。

将棋に限らず、趣味を始める際は前もって入門者向けの道具を揃える最小限の基礎知識が必要なのは確かなのですが、そもそも何から揃えた方が良いのか分からない人も多いと思います。

私は友達やネットでの情報を参考に色々買ってみましたが、色々やらかしたその結果要らないものまで買ってしまい、失敗しました。

またそれらの失敗に気付いたのも時間がかかり、多くの時間とお金を無駄にしました。
何かの教材のCMみたいです。

そこで私は、これから将棋を始める方や始めたけど、どれを選んだら良いのか分からない方へ、私の失敗談を交えてながら入門に必要な最小限のものをまとめていきたいと思い、このブログを始めました。
次の記事は、まず始めた人にオススメの入門書を書いていきます。

続きは次の記事で。