将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

棋書に虫が湧く

先日、[寄せが見える本]を読んでいると[寄せが見える本]の一部に虫が湧いていました。虫が湧いてるだけで、虫食いの被害が無いのが救いでした。念のため他の棋書を調べましたが虫がいたのは一冊だけでした。前にマンガを集めていた時は本棚に衣類用防虫剤を…

辛くなってきましたが、頑張りますよ

うーん、困りました。将棋クエストだけではなく、練習で指している他のネット将棋でも勝てなくなりました。完全に停滞しています。これはマズイです。最近では激指での指導対局の強さを少し上げてきたところなので、成果が出始めているかと思ってましたが、…

将棋クエスト対局日誌[24級→23級]

久しぶりの更新になりました。すみません。しばらく勝てなくて、10日ほど将棋クエストから離れて激指の指導対局やハム将棋など指してました。中々上達してませんが、頑張ります。あまりにも勝てないので負けた数を数えるのが面倒臭くなり、数えるのをやめま…

ひとりで指す将棋の話

私の友達から聞いた話ですが、 「ひとりで指す将棋はありえない」 という話を聞きました。この話を聞いたとき話の途中まで、詰将棋ならひとりで指すんじゃないの?という話だと思ってましたが、かなり違う話でした。友達が幼い頃、碁会所で将棋を指したとき…

相振り飛車の恐怖

将棋クエストの話で以前、私は 相振り飛車に中々ならない。 と書きましたが、それを書いた途端に将棋クエストでの相振り飛車の対局が急に増えました。特に相手が三間飛車の場合、玉頭を集中的に攻められて完敗しました。激指で振り飛車に指定して、相振り飛…

負け続けても頑張れる理由

ここしばらく全く成果の出ていない私ですが、心が折れそうにはありません。私はメンタルが特別強い訳ではなく、負けても何とも思わないような変わり者でもありません。あまりにも負け続けると悔しいですが、例え100連敗しても私は将棋をやめないと思います。…

スマホアプリShogiDroidを入れてみた

将棋のアプリで便利と評判のアプリ ShogiDroidをスマホに入れてみました。そのままでも対局出来て、強い将棋エンジンであるGPS将棋が搭載してますが、ShogiDroidに対応している将棋エンジンを追加することで、さらに強いソフトの対局や検討など、用途にあわ…

激指の検討モードを忘れてた話

お久しぶりです。ここ数日、体調を崩していたので将棋とブログをしばらく休んでいました。今更ですが、一言ぐらい書いておけば良かったと反省してます。すみませんでした。話を本題に移しますが、以前の記事に私は激指を指導対局と棋譜の解析に使っていると…

ネット対局の感想と私の変化

将棋クエストなどのネットでの対局を指し続けて、しばらく経ちました。ここ最近は対局が少なく、その上、全く勝っていないので、対局日誌を更新出来なくて申し訳ないですが、対局で気になったことや、ちょっとした変化を書き綴っていきたいと思います。その1…

続・ハム将棋指してみた

今回はハム将棋との対局の続き、4枚落ちから指してみました。駒落ちとはいえ、ハム将棋に勝てたのは嬉しかったです。あまり実力が伸びず、初級者並みの実力をずっと引きずっていたこともあったので少し自信がつきました。前回はハム将棋の6枚落ちで苦戦し…

千里の棋譜で遊んでみた

皆さんは将棋をテーマしたスマホのゲーム 「千里の棋譜」をご存じですか?千里の棋譜のゲームのジャンルは ミステリー・推理ものになります。将棋界を舞台に、謎の将棋ソフトとそれに取り巻く人間関係から起きた事件を解決していく内容です。最初からストー…

詰将棋を解く時、どうしてます?

私は詰将棋を解く時にサントラを聴きながら解いています。私だけかもしれませんが、無音よりは曲を聴きながらの方が気持ち程度に解きやすいです。ですが、歌声があるとリズムといいますか、調子が崩れて解けなくなったりします。なので歌声のないサントラを…

指導の援助を絶ちました

私の友達に将棋の有段者がいまして、将棋を始めてから約3年近くの間、私の下手な将棋を我慢強く指導してもらってました。ですが、その友達の指導をやめました。理由は友達の子育てが忙しくなったためで、トラブルや揉めたなどのトラブルが原因ではありませ…

将棋クエスト対局日誌[25級→24級]

今回は25級から24級への昇級だけになりました。 [25級→24級 昇級条件:2勝] 昇級条件が2勝とハードルが少し上がりました。25級に上がって始めての相手はbot戦、私の先手番で角交換四間飛車と居飛車の対抗形になりました。今まで何度か苦戦してたbot戦ですが、…

ハム将棋指してみた

ハム将棋は初級者から指せると有名なブラウザ将棋です。有名ですが、将棋始めたばかりの実力では中々勝てません。 人気の理由は初級者より少し強いぐらいの適度な強さのバランスと、将棋を始めたての方でも指せるようにハム側が玉一枚のみのハム裸王など、多…

81dojo指してみた

今まで81dojoのアカウントを持ってなかったですが、ブログを始めたきっかけに81dojoのアカウントを作ってみました。アカウントを作る際に棋力の申請がありますが、町道場や将棋倶楽部24などの目安があるのは分かりやすかったです。 また、棋力の…

将棋クエスト対局日誌[28級→25級]

正直に書くとこの数日将棋クエストの対局をしてませんでした。申し訳ありません。 (将棋クエスト以外では対局してました)初級者が奮闘するブログなのに、奮闘ぶりを全く書いていません。もう少し頑張らないとマズイです。話を本題の将棋クエストの対局に戻し…

詰将棋つくってみた(解答)

昨日の詰将棋(21手詰)の解答です。 まずは問題の図面です。 ここから解答を書いていきます。 縦長で読みづらくて、すみません。 1:☗3二金 2:☖1三玉 3:☗1二飛 4:☖同金 5:☗同桂成 6:☖2四玉 7:☗3六桂 8:☖2五玉 9:☗2六金 10:☖3四玉 11:☗3五…

詰将棋つくってみた(21手詰)

いつも解けなかったり、余詰めだらけの詰将棋を作っては自嘲と自分にツッコミを入れることで、ストレス発散しているのですが…日曜の夜、いつものように解けない詰将棋を作ったところ、余詰めの無い、普通に解ける詰将棋が出来ました。出来の良さはアレですが…

私が持ってる将棋ソフト(後編)

今回は残りの3本を説明します。・金沢将棋3D ・これからはじめる人のための将棋 ・AI将棋Ver.18金沢将棋3Dは相手の戦法を20種類から選べて、 難度は5段階選べるので買いました。マウスの右クリックしながら操作すると盤面の視点が動かせるのは凄いで…

私が持ってる将棋ソフト(前編)

前の記事で将棋ソフトの弱さの違いを書いてきましたが、今回は機能面の違いを私の利用方法を中心に説明していきたいと思います。ですが、この記事は編集ミスがあり下書きのまま上がってたので、一部の訂正と追記をしました。申し訳ありませんでした。私が持…

ブログのトップ画像の理由

このブログを初めてからしばらく経ちますが、ブログのトップ画像の理由を書きそびれたので、経緯を書いていきたいと思います。最初は、将棋の囲いのイメージをブログのトップ画像にしたいと思ったところ、その内、二つの囲いのイメージ画像を一つに合わせた…

将棋の勉強ができるアプリ(初心者&初級者向け)

今回はスマホのアプリの話です。 将棋の勉強になりそうな将棋アプリを 3つ紹介します。まずは将皇入門編です。 入門編というだけあって、駒の動かし方などの基本から解説してあるのは良いですね。基本の手筋や詰将棋も入ってて、さらに実践練習ではコンピュ…

将棋ウォーズ指してみた

前に紹介した将棋アプリは全てアカウントを持ってるんですが、将棋クエスト以外はあまり指してません。このままだと何かもったいないので、今回は将棋ウォーズを指してみました。将棋ウォーズはブログを始める前から指していて、今は13級です。詳細は省略し…

初級者が新書を買う必要性

将棋始めてから3年経ちましたが、ここ最新の棋書には全く読めていません。 一番最近に買ったのは一年近く前で買った棋書は確か「将棋基本手筋コレクション432」です。買った理由は苦手だった中盤戦の強化で、序・中盤と終盤で問題が分かれていたのが決め手…

将棋クエスト対局日誌[30級→28級]

私は将棋クエストの対局を始めました。 将棋クエストは30級からのスタートなので、まずは目標を25級へ目指していきたいと思います。今回の挑戦では11局対局しました。 結果は2勝9敗でした。 何とか30級から28級まで昇級出来ました。[30級→29級 昇級条件:1勝]…

対局アプリ選び

これから私が挑戦する将棋アプリを幾つか探していたところ、通信して対局出来るアプリは結構多いみたいで、その中でも3つまで候補を絞りました。これらの将棋アプリはアプリ以外にもネットの方でも運営していて、パソコンでも利用できます。・将棋ウォーズ …

先手中飛車の勉強

先手中飛車の勉強に浅川書房から出版している パワー中飛車で攻めつぶす本(著者 鈴木大介) 買いました。一問一答方式の問題集です。以前に紹介した「四間飛車を指しこなす本」と同じレイアウトで最後まで読んだら、本をひっくり返して続きを読んでいく棋書で…

将棋ソフトの弱さを考察

私の対局からの印象ですが 強いと思った順番をつけてみました。 下にいくにつれ、強いと思って並べてみました。 銀星将棋 入門 ↓ AI将棋 接待員 ↓ AI将棋 10級 ↓ 銀星将棋 初級 ↓ 銀星将棋 10級 ↓ 激指14 14級 ↓ 激指10 12級弱く設定した将棋ソフトと対…

将棋ソフト比べてみました(AI将棋編)

最後はAI将棋18です。 AI将棋18の最弱は接待員です。 接待の文字が見えた瞬間にもう一段階強くして 指し直すんだろなぁと思いました。 その通りになりました。・駒の動きはめちゃくちゃ ・飛車や角に桂馬のような 機動力のある駒を優先して指してくる 機…

将棋ソフト比べてみました(銀星将棋編)

今回は銀星将棋八 スタンダードから 銀星将棋八 スタンダードの最弱は入門です。今回対局した4つの将棋ソフトの中でも 銀星将棋の入門はぶっちぎりの弱さでした。・ほぼ居玉 ・駒の動きは行ったり来たりを繰返したり、 バラバラに動く ・王手で指された駒以…

将棋ソフト比べてみました(激指編)

私の家はネット環境が整っていないので、ネット将棋を指すならスマホでしか出来ない状況です。 他には何本かパソコンの将棋ソフトを持っていて、パソコンで指していることもあります。今回は私の持っている将棋ソフトの中から幾つかの将棋ソフトを選んで、そ…

今後の予定

このブログで書いていきたい事、次にやりたい事は決まっているのですが、少し下準備に時間が掛かっています。 私、不器用なのであまりにも時間が掛かると次の記事の更新に支障を来しそうだったので、私があらかじめやっておいた事は このブログを始める前に …

ざっくり棋書リスト

今まで薦めてきた棋書ですが、実はこのブログを始める前にあらかじめ準備して書いておいたものでした。前もって準備していた理由は次の記事で後述します。ここから話を本題に入りますが、ブログを始める前に、まずは将棋を知らない人の意見が聞きたくて、将…

オススメ棋書紹介(その他・後編)

後編は「駒落ち」と「考え方」の 棋書を紹介します。最初は駒落ちの棋書を紹介します。棋書を紹介する前に私の実体験ですが、 「駒落ち定跡」を覚えるのに苦労しました。理由はこっち(下手側)が定跡通りに指しても、相手(上手側)は定跡手に応じると形勢が悪…

オススメ棋書紹介(その他・前編)

最後に薦めたくて紹介したいけど、対象棋力や棋書の方向性から、今までのカテゴリーに入れられなかった棋書を紹介していきます。 今回は私の構成能力と文才の無さから [前編・後編]に分けて紹介します。全部で六冊紹介しますが、今回は四冊の紹介で その内の…

棒銀くん

ネットで溢れる将棋の情報をまとめてくれる 「棒銀くん」という便利な、将棋の情報のまとめサイトがあります。 プロ棋士の情報の発信だけではなく、2chのような掲示板、私のような個人ブログやツイッターの更新もカテゴリーで分類してまとめているので、とて…

オススメ棋書紹介(振り飛車向けの手筋編)

手筋を扱う棋書は数多くあり 基本的な手筋に、囲い崩しや序盤から終盤までの場面から出題する棋書まで多彩にあります。最近はさらに細分化が進み、 居飛車や振り飛車の棋風や戦形ごとの 手筋集なども出版されるようになりました。今回は完全に私のえこひいき…

オススメ棋書紹介(終盤編)

私は「詰将棋」の記事で 終盤力の強化に詰将棋を勧めました。ですが、詰将棋は「王手をかけ続けないといけない」という独特のルールがあるため、「対局で王手をかけ続けるの実戦的では無いため、終盤力の強化にならない」と考える方もいます。私も将棋を指し…

私の終盤力

今回は私の将棋の残念なエピソードのひとつ 終盤力の話です。私は将棋を始めた時に詰将棋も一緒に始めました。 詰将棋の上達とは裏腹に、将棋の方は終盤力の弱さからあまり勝てませんでした。理由は終盤で相手を追い詰められなかったためで、詰将棋のような…

駒落ち考察

ここで一旦小休止して、私がこれまでに書こうとタイミングを逃してしまった「駒落ち」の話をします。実力が格上の相手が駒を落とす「ハンデ戦」である「駒落ち」ですが、私が将棋を始めた頃、将棋を全く知らない友達に駒落ちを勉強していること、駒落ちがハ…

オススメ棋書紹介(戦法書・後編)

今回は「四間飛車」よりも積極的に攻める 「角交換四間飛車」の戦法書と 「中飛車」と「石田流」の問題集を紹介します。 全部で四冊紹介しますが、四冊とも初心者には [少し難しい]です。 ですが、一局を通して指せるようなったくらいの棋力と知識があれば問…

オススメ棋書紹介(戦法書・前編)

戦法書を紹介する前に前置きします。 断っておきますが、この記事で紹介する棋書の多さからとても長くなるので、二つに分けて紹介します。前編では振り飛車の中で最も戦法書が充実している 「四間飛車」を六冊取り上げます。後編ではここ近年で主流になった…

オススメ棋書紹介(詰将棋編)

今回は「詰将棋」の棋書です。 浦野真彦のハンドブックシリーズの中から五冊、文庫本サイズの棋書を一冊、全部で六冊を取り上げます。将棋は基本、王様を捕まえないと勝てないので終盤力の強化に詰将棋を薦めます。 中には将棋は強いのに、詰将棋は苦手な方…

オススメ棋書紹介(手筋編)

今回は「手筋」の棋書です。 全部で三種類、四冊を取り上げます。まず紹介するのは ・羽生善治の手筋の教科書 (羽生善治・河出書房新社)最初に手筋を覚えるなら 「手筋の教科書」をオススメします。 手筋の棋書は、特定の場面で活用出来る手筋を取り上げる棋…

棋書紹介の概要と3つのポイント

これから私の薦める棋書の概要と 3つのポイントを書いておきます。まず、概要からですが 将棋の上達に必要な棋書は大きく分けて 「手筋」「定跡書」「戦法書」「詰将棋」 四種類の棋書だと思います。その内の定跡書に関してですが、定跡書の多くは基本知識…

初心者へオススメの将棋

将棋ソフトを幾つか紹介しようとしましたが、駒の動かし方を覚えたばかりの強さでは、どの将棋ソフトでも恐らく全く勝てないので別の方法で遊べる将棋を紹介します。それはパソコンとネット環境さえ整っていたら、遊べる「ブラウザ将棋」というものがありま…

私が棒銀を推す理由

この記事での「棒銀」とは「原始棒銀」 などの初級者向けの棒銀の話です。入門者や初心者にオススメする戦法は 棒銀の他に、四間飛車(しけんびしゃ)など複数ありますが、私が入門者と初心者に棒銀をオススメしている理由は三つあります。一つ目は攻めの基本…

将棋の本を紹介する前に

このブログを読んでいる方へ 不器用で拙い内容ですが お読みいただきありがとうございます。将棋の上達に役立つ本を紹介する前に、ここからは将棋用語を少しずつ書いていきます。 なので、覚えて欲しい将棋用語があるので 取り敢えず・「棋書」・「定跡」・…

オススメ入門書

大人になってから将棋を始めると、子供と比べて記憶力の低下や柔軟な考え方が難しくなったりと上達のハードルは高くなります。私の実力は下手の横好きレベルの実力なので入門者を指導すること出来ませんが、私自身の将棋始めたばかりの経験談なら語れます。 …