将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

全く更新出来ませんでした。すみません

おはようございます。お久し振りです。

2週間も更新出来なくて、すみませんでした。

どっかに旅行に行ってたとか、体調を崩してたとかでは無く、元気に過ごしてました。

更新出来なかった理由は、日本将棋連盟YouTubeでアップしている動画を観ていたのですが、思ってたよりも多くの動画がありまして、動画を観たり、棋書を読んでる内に将棋クエストから離れてしまいました。

激指などのパソコンでの対局は続けてましたが、まさか2週間も更新を怠るとは思ってませんでした。

一番の理由は昨日の夜まで
ブログを書いてたことを忘れてました。

ですが、忘れていたとはいえ、遊び呆けた訳ではありません。2週間の間に少し気になったことがありますが、もう少し考えをまとめてから書こうと思っているので、その事については近日中に書くつもりです。
このブログ、たまに隠しメッセージを書いてますが
知ってました?

YouTubeに日本将棋連盟の公式動画があるんですね

ニコニコ動画YouTubeを良く観てますが、YouTube日本将棋連盟の動画が上げられていることを知りました。

一番上にインタビューや女流棋戦の様子の動画が上がっていたので、広報を中心に取り上げているかと思ってましたが、基本の手筋や戦法別の手筋、応募者からの悩みを解説の動画が多いですね。

ネット時代の今、観たいときに観られるのはとても有りがたいことで、囲碁や将棋とネットの相性はかなり良いと思います。

将棋連盟に限らず、個人で動画を上げる方も多くて、ニコニコ動画ではとても面白い解説をする方もいます。

将棋連盟の動画は最近知ったので、まだ全部観てませんが、振り飛車の手筋だけは確認のために観るようにしています。

ここ最近、将棋のことで一番楽しかったこと

皆さん、おはようございます。
熱中症には気をつけて下さい。

私は体が弱くて、毎年夏になると熱中症で倒れて、10日ほど通院しますが、かなり辛いです。熱中症になると、水を飲むのも辛くて、内臓が疲弊しすぎて、内臓が働いていないのが良くわかります。

クーラーで部屋を冷やしても、冷たい空気に当たりすぎると体調を崩すのでクーラーを使えば解決という訳にはいかず難しいです。

私のことは置いといて本題に移ります。
将棋のことで一番楽しかったことですが・・・
しょうもない話になりますが

フリーソフトの将棋ソフト[将棋所]の
アイコンを自作したことです。

ホントにしょうもなくて、すみません。

フリーソフトである、将棋所にはアイコンが無いので、何か良く分からないデザインのアイコンになってます。おそらくはWindowsの既存にあるアイコンなのでしょう。

アイコンのデザインを何とかならないかと調べると、将棋所のアイコンをフリーで公開している方がいることを知りました。

さらにネットで調べると、Windows7では画像からアイコンを自作して、アイコンを好きなフォルダなどに使えることを知りました。

この方法なら将棋所だけではなく、自分のお気に入りのフォルダのアイコンを好きなデザインを変えたりと応用が利きます。

今回はアイコンをどう作ったか、ざっくり説明します。私はWindows7に入っている[ペイント]を使いましたので、ペイントでの手順になります。


自作したアイコンを将棋所のアイコンに
設定するまでの工程を5つに分けて説明します。

①まずはアイコンに使いたい画像を用意して下さい。用意した画像を右クリックして、[プログラムから開く]から[ペイント]を選んで下さい。

②アイコンは正方形なので、正方形になるように画像をトリミング(画像を切り取る)してから、アイコンのサイズに縮小してサイズを調整します。画像のサイズ調整が難しい場合はあらかじめ、ある程度まで縮小してからトリミングすると確認しやすいです。

私の場合は画像がとても大きかったので
サイズを一度縮小してからトリミングしました。
単位はピクセルで大きさは320×320でした。

320×320のサイズに調整したのは
後で調整しやすくて分かりやすいからです。
アイコンのサイズは決まっていて
単位はピクセルで大きさは32×32になります。
320ピクセルからだと10分の1のサイズに
するだけなので簡単です。

③サイズ調整した画像をペイントのメニュー内にある「名前を付けて保存」を選択します。そこから色々ある画像の種類から「BMP 画像」で保存します。

画像を保存する時に保存場所を指定しますが、
私は将棋所のフォルダ内に保存しました。

※一度設定したアイコンの画像ファイルをフォルダ中から移動させたりすると、アイコンのデザインは既定のデザインに戻るので、移動させたりしないで下さい。

④自作したアイコンにファイルの名前を付けます。ファイル名は何でも良いですが、ファイル名の最後にはアイコン用の画像ファイル形式である「.ico」をつけて下さい。

※「.ico」をつけて保存しないとアイコンを選択するときに画像を認識しません。画像が確認出来ない時は保存したフォルダの場所とファイル形式を良く確認して下さい。

⑤将棋所のアイコンを既存のものから
自作したアイコンに変えます。

デスクトップにある将棋所(ショートカットでも大丈夫です)を右クリックして「プロパティ」から「カスタマイズ」を選択、その中から「アイコンの変更」があるので「このファイル内のアイコンから検索」から将棋所の内に保存していたアイコンの画像を選んで「開く」を選択、「OK」を選択。

アイコンの設定を済ませると
プロパティのところに戻るので
プロパティの設定画面の項目の下側にある
「OK」か「適用」を選択すると
アイコンは変更されているはずです。
確認してみてください。

手順は以上です。私は将棋所のアイコンをハイパーキュートに可愛い猫にしましたが、皆さんも好きなアイコンに変えてみてはどうですか?

昨日書いた激指14の話の追記と蛇足

昨日の記事で書き忘れた部分がありました。
書き忘れてしまい、すみませんでした。

今回は以前に書いた、激指の次の一手バトルの事とそれらの補足と昨日の追記分を書いていきます。
※最後に蛇足もあります。


今までに書いた[次の一手バトル]の話と追加補足

以前、私は激指の次の一手バトルはノーヒントなので、出題の意図が汲み取れないので難しいと書きました。

もう少し詳しく書くと、次の一手バトルは最初に
[級位者]と[有段者]の2つの難易度から選びます。

激指を終了させたり、途中で難易度を選び直しても、進行度は記録されているので、一度で一気に全てクリアする必要はありません。
(投了は不正解になるので、激指を途中で終了するなら、解答後か次の問題を解く前に終了してください)
初めからやり直しても、進行度と記録がリセットされるのは、やり直す時に選択していた難易度の記録だけになります。

問題にはレーティング点数と対象級位(段位)があり、自身の実力、レーティングと比較がしやすいです。出題の順番は1問毎にランダムで出題されます。つまり、易しい問題から順番に出題されるとは限らないのです。

そして、次の一手バトルをクリアするか、最初からやり直さない限り、同じ問題が再度出題されることはありません。
※挑戦中の間は一度解いた問題の再挑戦は出来ません。正解した問題のみ解答を見ることは出来ます。

問題が解けると、レーティング(持ち点)が上がり、解答と問題の意図が文章で出ます。それと、別の手の変化例の解説も一緒に書いてあります。

しかし、問題が解けないとレーティングは下がり、その上解答は無く、次の問題に進むのでモヤモヤします。そして、レーティングが一定より下回るほど不正解を出すと強制終了になり、最初からやり直しです。

私は級位者で挑戦してますが、問題は全部で50問あります。試しに強制終了するまで全て不正解を続けてみると、37問目・レーティングが1024点の所で強制終了になりました。

私はいつもすぐに途中で終わってしまうなと思ってましたが、検証すると意外に多くの問題に挑戦してることが分かりました。

※全問解答するか、強制終了になると成績の変動はありませんが、一度解いた問題(残りの問題)から選んで解くことが出来ます。


ここからが本題の[次の一手バトル]の追記分です

私が次の一手バトルの解答率が上がった
具体的な理由を書くのを忘れてました。

解答率が上がった理由は、解けなかった問題が出たときに検討モードで激指の検討した最善手から答えが分かった事と間違えた手を指すと、どう返されるか考察したり、じっくり考えることが出来るようになったからです。

これも少し前に書きましたが、私は激指を買ってから検討モードの存在を忘れていました。今では検討モードを頻繁に使っています。

検討モードは次の一手バトルに限らず、対局で負けた棋譜を検討させたりしています。対比すると、私の指し手が変なのが良く分かります。

負けた時よりも下手な手を指した方が気持ちがへこむこともありますが、上達しているからこそ、悪手に気づいているのだと思うとメンタル的には引きずったりしませんし、悪手は気持ちの分だけ減った気がします。


ここからは蛇足です。
私が初めて買った将棋ソフト激指10の話
私の将棋ソフトの使い方の話から
趣味の向き合い方までグダクダに書いてます。

激指は他の将棋ソフトより機能的に充実してる分だけあって、使いやすくて良い将棋ソフトです。でも、私はマイナビの回し者ではありませんよ。

今度、激指の新作が出るようですが、私には今の持ってる激指で充分間に合ってるので、買うつもりはありません。

私が初めて買った将棋ソフトは激指10でした。
激指を買った当初、激指の強さにドン引きした私は身の丈以上の物を買ってしまい、買ったのは失敗だったなと思ってました。その内、激指を全く使わなくなり、自分に合った将棋ソフトを探すために色んな将棋ソフトを買いました。

中にはブログに書けないほど、酷い商品を買った失敗もしました。幸い?今ではネットで調べても全く情報が出ないものばかりなので、他の人がうっかり買うことは絶対に無いでしょう。

そんな失敗を続けた私ですが
今では、また激指を使っています。
正確には将棋ソフトを用途別で使い分けています。

対局なら[AI将棋18]
検討と考察は[激指14]
(指導対局は[激指10]を使ってます)
詰将棋の解答には[将棋所]

こんな感じで分けています。

これらの失敗から得た教訓は、失敗の線引きを決めているのは自分自身で、目の前にある失敗の事実よりも、自身の存在が原因だとズレた観点で考察し、自己嫌悪に陥っていたことです。

私の経験からですが、趣味に注ぎ込む時間とお金のペース配分を決めているのは自分自身で、周りに迷惑をかけないのが最低限のマナーです。

皆さんは私のように要らん物を買って失敗したりしないよう、気をつけて下さい。それでも失敗してキツいなーと思ったら、それ以上に失敗し、やらかしている私を思い出してクスっと笑って下さい。

今回の話はここまでです。
ありがとうございました。

勝てないのに上達の手応えはあるという矛盾

将棋クエストで全く勝てなくなり、しばらく経ちました。こういうのスランプって言うんですかね?良く分かりません。

段々、辛さと言いますか、悔しさ?みたいな感情に変わりました。でも、嬉しい事もあったので、感情的にはなってません。

全く勝てない合間に
激指14の「次の一手バトル」や
手筋の棋書を中心に読んでました。
ついでにMOTHER2クリアしました。

激指14の次の一手バトルを解いていると、私は形勢や状況が把握できていないのが良く分かります。
正解率が低いのが何よりの証拠です。

激指の次の一手バトルは正解数が一定より下回ると低いと途中で終わってしまいます。しかし、何度も挑んでいると解けなかった問題が少しずつ解けるようになり、今の正解率は3割台になりました。

最初は正解率が1割にも満たなかったので、すぐに終わったりしてましたが、こうハッキリと結果に出ると上達の手応えを感じます。

将棋指してて、久しぶりに嬉しいと感じました。
まだ、状況判断が把握できていませんが、人の将棋を観るのも大切だと思いました。少しでも把握出来るように頑張りたいです。