将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

「攻めて強くなる戸辺流中飛車」を買ったんですが…

私は振り飛車指してますが、中飛車が苦手です。

一応、勉強はしてますが性に合わなくて苦手なんです。

最近、休みに大きな書店に行きまして、色々棋書を物色していると

「攻めて強くなる戸辺流中飛車を見つけました。

発売された頃から欲しかったんですが、近所の本屋に取り寄せてもらったら勝手に売られてしまって置いてなくて、その内に棋書の存在を忘れていました。

最近の将棋ブームには驚かされます。今までは大きな書店に行けば、買えない新書はほとんど無かったのに、皆さんこぞって買っていくので、欲しい棋書が買いにくくなりました。嬉しいんですが、ちょっと困りましたね。

複数あった欲しい棋書全ては買えませんでしたが、相振り飛車の棋書と本書を買うことができました。

振り飛車の棋書紹介をするつもりはありません。あえて書くなら、相振り飛車の棋書は範囲や著者によって方針がかなり異なるので、好きな棋士の棋書を買うのが良いと思います。アドバイスにすらなってなくて、すみません。

話を戻します。

株式会社ルークから発売された
「攻めて強くなる戸辺流中飛車の内容ですが
棋書とDVDの抱き合わせセットです。

DVDでの映像付き解説がメインで
棋書では解説の内容を復習する
次の一手方式の問題集になってます。

解説は戸辺誠七段 聞き手は藤田綾女流二段です。

主な戦形は
第1章 先手中飛車 5筋位取り
[対棒銀・対7三銀型・対6三銀型]

第2章 先手中飛車 角交換型
[駒組み編・仕掛け編]

第3章 後手ゴキゲン中飛車
[対8六歩急戦・対超速3七銀・対丸山ワクチン]

第4章 相振り飛車
[対四間飛車・対三間飛車
・相中飛車は2パターン]

それと特典映像が3つ
[中飛車に組ませてもらえない場合の対処法]
[戸辺誠に質問Q&A]
[振り駒の歌]

取り上げる範囲は序盤から中盤までに限定しています。中飛車の「型」を覚えるのに特化しています。

後手ゴキゲン中飛車の項目では本来、こちら側は後手なので、盤面の上側で解説をするのが正しいんですが、初級者に分かりやすいように上下逆にして解説しています。
(上下逆で掲載する棋書は少ないので
ある程度棋力のある人は
知識の再確認で勉強しようとすると
逆に分かりにくく感じるかも知れません)

ぶっちゃけ、私が持ってる棋書と範囲がかなり被ってますが、先に映像での解説を観て、棋書の問題集で中飛車習得の確認をするというコンセプトは他の棋書には無い要素で、これはとても分かりやすいです。

ですが、この棋書には問題点が2つあります。

一つ目はDVDの再生メニューに
戦形毎で項目を選べないため
章ごとにしか再生出来ません。

例えば、観たい項目が丸山ワクチンの場合は直接、丸山ワクチンの項目は選択出来ないので、一旦、第3章を選択後に丸山ワクチンの項目までチャプタージャンプする必要があります。

2つ目はこの棋書、本屋で買うより
株式会社ルークから直接購入した方が良いんです。

直接購入すると追加特典として
さらに実戦的な内容を解説したおまけDVDと
DVD収納ボックスが付いてきます。

※あくまでもおまけなので
約1時間くらいの収録です。

私のような初級者なら無くても構わないんですが、もう少し踏み込んだ内容が欲しい方には直接購入が良いと思います。

おまけの有無ぐらいで問題点とか何言ってんの?
と思うんかも知れませんが、おまけが付くこと自体、本書に記載してませんし

そもそも、ネットで確認するまで
特典の存在自体が分からないという事なんです。

※ちなみに同名の全く関係ない会社もあるので
検索するときは「株式会社ルーク 将棋」
と検索してください。

株式会社ルークですが、どうやら新しい会社のようで、自社商品の宣伝などの広告費が回せなかったのか原因は分かりませんが、販売戦略が拙い印象です。これはもったいないです。Twitterすらやってないほどネットに疎い私には尚更です。

話をまとめますが、問題点があると書いたものの、商品そのものは秀逸です。

将棋始めた方や中飛車を始めたい初級者から、ゴキゲン中飛車や相振り飛車の知識を軽く再確認するのにも本書があれば十分有用出来ると思います。

以前、紹介した将棋連盟の中飛車講座とも合わせて観るのも良いかと思います。

攻め側が中飛車限定になりますが、相振り飛車の基本的な流れを覚えるのも本書は良書だと感じました。

本書のようなDVDの解説付きの棋書、他の戦法でも欲しいと思うので、株式会社ルークさんに頑張ってほしいです。

も し も 聞 き 手 が 三 宅 麻 理 恵 な ら
5 冊 買 っ て た 。 冗 談 で す 。

「四間飛車上達法」を買いました(追記あり)

今更ですが年が明けましたね。今年もよろしくお願いいたします。

全然自己紹介してないので、ここでついでに自己紹介します。ただ今、風邪と将棋をこじらせている豆腐と申します。

年末に浅川書房から発刊された藤井猛先生の新書四間飛車上達法」を買いました。

私は四間飛車党でして、四間飛車の新書に思わず飛びつきました。衝動買いです。

もう少し四間飛車の勉強をしたかったので買ったこと自体は良かったと思うんですが、同時に疑問を抱きました。

四間飛車の基本指針を取り上げた棋書はある程度充実しています。私はこのブログで以前に

・よくわかる四間飛車 マイナビ
・ホントに勝てる四間飛車 河出書房新社
四間飛車がわかる本 浅川書房

この3冊を紹介しました。今回買った棋書に対象棋力は「初心者から四段」と書かれていますが、3冊の棋書と比べて鑑みると、どのレベルでの範囲なのか個人的な主観になりますが、早速今から読んで感想を書いていきます。

・・・

のつもりでしたが、この棋書は四間飛車の基本指針を藤井先生の将棋観を通じて、対話形式で構成した四間飛車セミナー本でした。

内容に関しては割愛しますが、ぶっちゃけAmazonのレビューでかなり明確に書いてる方が多数いるので内容は本屋で直接軽く読んでもらうか、レビューを読んだ方が数段分かりやすいです。

自分の文才の無さを棚に上げつつ話を戻しますが、前述の3冊と方向性が異なっているのです。3冊の中で性質が1番近いのは先崎学先生の「ホントに勝てる四間飛車」ですが、それよりも初歩的なここから攻めるのか?それとも守るのか?というようなタイミングを決める部分まで取り上げています。まるで四間飛車のトリセツです。

この内容は珍しいです。何故なら、どんな方法で勉強を積み重ねても攻めや寄せなど、全てのタイミングを決めるのは実際に指している読者自身なので、例え同じ勉強法をしたとしても解釈の違いから個人差が出てきます。

なので、私のオススメの読み方は、戦術を取り上げた前述の3冊(の内のどれかあればOK)、それと定跡書(四間飛車を指しこなす本など)と3点セットで読むのがオススメです。

まだ全て読んでませんが、恐らく有段者でも満足できると思います。その理由は有段者にこぞって読まれている、同じく藤井先生の棋書※「四間飛車の急所」の補足してる箇所があるからです。

※64頁の5七銀左戦法の話
四間飛車の急所 第3巻」 で取り上げたとの事。

藤井先生、宣伝うまいなーと思いつつも
3月のライオンで、勉強した分しか上達しないと言った
島田さんの言葉が胸に刺さります。

漫然と将棋を指す「6五歩おじさん」にならないように勉強頑張ります。

ところで6五歩おじさんって藤井先生の新ネタですかね?

将棋クエストと言いますか将棋ウォーズなんです

お久し振りです。将棋クエストが完全に行き詰まっている豆腐です。これ書いてて私自身が豆腐と名乗ってるの忘れてました。

本題に移ります。

私は将棋クエスト以外に将棋ウォーズでも指していますが、将棋ウォーズの級位が将棋クエストの級位を追い越して、12級になりました。

将棋ウォーズは将棋クエストと違って、あまり指さない戦法を試しに指したり、無理攻めをしてみたりと勝敗や内容よりも将棋クエストで溜まったストレス?などガス抜きで指しています。

と言いますか、ガス抜きしてる内に将棋ウォーズでの対局数がかなり多くなったので、こういう事になってしまったのです。

このままでは10級になりそうです。とりあえず10級になったら、一旦ネット将棋での対局を止めるつもりです。

止めることの理由は特に無いんですが、別の事を考えているんですが、同時進行は無理だと思ったからで、どうしようかなと今のところ迷ってます。

未だに全く勝ててませんが
負けました(笑)
みたいな惰性な心境には至ってません。

腐らずに指しています。
ただ、成果を書けないのは悔しいです…
今さらながら、将棋ウォーズの内容も記録しておけば良かったと反省してます。

何か話題でもあれば書けるんですが、このブログでは将棋界の話題やプロ棋戦の情報は一切書いてません。これらの事は調べたらすぐに分かりますし、私では明瞭に書けるだけの文才が無いからです。

定跡が学べる将棋アプリの紹介

お元気ですか?お久しぶりです。

個人的な理由でブログの更新が出来ませんでした。ある程度ですが一段落ついたのでブログを再開しました。

まだ更新のスペースを上げられませんが頑張ります。

今回は以前紹介しようとしたのですが、紹介出来なかった将棋アプリです。

将棋アプリにはあまり無い、定跡が学べるアプリです。その将棋アプリは

猫と学ぶ将棋の定跡

です。GooglePlayストアでインストールできる将棋アプリです。
※私はiPhoneでは無いので、アップルストアでこのアプリがあるかどうか確認をしていません。

以前は無料版と有料版など3種類ほどありましたが、経緯は分かりませんが無くなってしまいました。

今年の8月頃?に再び出たようですが、私は最近知りました。これを知ったときは嬉しかったです。

最初は全ての定跡がロックしてありますが、コインを使って解除することで勉強ができます。コインはGoogleストアでの購入(コイン100枚100円から購入できます)か広告を観ることで貰えます。(広告を観るとコイン20枚貰えます)定跡ひとつの解除に必要なコインは全て100枚(100円)になります。
※広告はアプリを立ち上げるごとに一回ずつの視聴になります。アプリを立ち上げ直して広告を観ることで何度でもコインが貰えますが、一定数の広告を観るとしばらくの時間は広告を観ることが出来ません。

以前のバージョンと違って子供にも使いやすいようにふりがなが振られている「ふりがな」を選べるようになりました。

それと以前の無料版では見られなかったプロの実戦例の閲覧も出来るようになりました。(定跡によってはありません)

基本的な使い方は、知りたい定跡を解除してから定跡を勉強して、手順を覚えたらテストで指してクリアする流れになります。

定跡は居飛車振り飛車だけでなく、奇襲戦法など32種類あります。奇襲戦法は対策などもあります。

本音を言えば定跡の勉強なら、棋書を読みつつ将棋盤で指しながら勉強した方が良いですが、アプリなのでどこでも勉強出来ますし、棋書と違って一手一手指していくので意外と覚えやすかったりします。

手順が多く難しい定跡はありませんが、初心者や初級者が新しい定跡を覚えるのには十分だと思います。もう少し踏み込んだ内容で定跡を覚えるなら、上野裕和五段の棋書

序盤完全ガイド・相居飛車
序盤完全ガイド・振り飛車
序盤完全ガイド・相振り飛車

が秀逸なので、このアプリで気に入った定跡があったら将棋序盤完全ガイドをはじめとした定跡の棋書と合わせて学んでいくのがオススメの使い方です。

デイジーをもう一輪を攻略してみた[級位者・感想、その他]

今回の後書きは全部で5つ書いていきます。

1.ルート別対局回数。誰と多く指してたのか?

2.ストーリーモードの小ネタ。

3.「以前のシーンから」の注意点。

4.どうでもいい話。

5.デイジーをもう一輪の感想。


1.ルート別対局回数。誰と多く指してたのか?
今回はシナリオが大きく分けると3パターンに派生するので、パターン毎での対局数と対局した人の回数を数えてみました。

全ての対局で全勝する
ベストエンディングのパターンでは
総対局数19局、個人別対局回数はこちらです。
4局 真名 橋爪
3局 黒川
2局 白垣 天童
1局 玲 秀じい 宮本 生徒会長


将棋大会で優勝後に白垣に負けることで
対局数が一番少なくなるパターンでは
総対局数18局、個人別対局回数はこちらです。
4局 橋爪
3局 真名
2局 玲 天童 黒川 白垣
1局 秀じい 宮本 生徒会長


将棋大会で優勝を逃すことで
対局数が一番多くなるパターンだと
総対局数22局、個人別対局回数はこちらです。
4局 真名 玲
3局 橋爪
2局 天童 黒川 宮本 生徒会長
1局 白垣 秀じい 桂子

真名と橋爪は分岐点までに3局指すので、どのルートに派生しても対局回数が多くなります。
また、秀じいと天童は分岐点を過ぎるともう対局しないので、どのルートを通っても対局回数に変動はありません。
それとは逆に、玲はルートによって対局回数の変動が一番激しいキャラでした。


2.ストーリーモードの小ネタ。
小ネタをふたつ紹介します。
一つ目は盤上の向日葵とデイジーをもう一輪の両方で使える小ネタです。
あまり便利という程のネタでは無いんですが激指の説明書にも書かれていないので、書くことにしました。

エンターキーでもメッセージ送りが出来ます。

あんまり役に立たなさそうですが、マウス操作と違って、エンターキーを押し続ける間メッセージを高速で飛ばしていくので、攻略の方針の確認のために何度も繰り返して対局するときにはとても役に立ちました。


2つ目はデイジーをもう一輪でしか出来ない小ネタですが、分岐点での対局で負けるとそのままストーリーが進んでしまうため、ヒントが見られないんですが、ある手順でヒントを見ることが出来ます。

その方法は分岐点での対局以外の対局であらかじめ負けておくことでヒントを見ることが出来ます。デイジーをもう一輪のヒント機能はストーリーモードを終了させても、激指を終了するまで効果が続きます。その為、分岐点のある対局でもヒントを見ることが出来るのです。
※ただ、それでも見れないことがあります。
それと負けていないのにヒントが表示されたりとフラグ管理がおかしいことがあります。


3.「以前のシーンから」の注意点。
1度クリアしたところなら何度でも選べる
「以前のシーンから」ですが、
フローチャートで確認出来ない仕様のため
フラグ確認が面倒臭いという問題点があります。

将棋大会で1敗でもすると、シナリオの後半が変わりますが、実はこの判定は1局ずつカウントしているので、負けた対局だけをやり直すことでシナリオの軌道修正がしやすくなります。

さらに正確にいえば、将棋大会などの分岐点のある対局で勝ち負けの判定するのは対局後の会話パートが終わった時なので、会話パート中に「ストーリーモードを終了する」を選択すれば、負けたことになりません。

この方法だと激指のメニューからストーリーモードを選び直すので手間がかかりますが、対局後に長い会話パートのあるシーン18の黒川戦ではこの方が早く対局し直すことが出来ます。

それと別の分岐点であるシーン17の白垣戦で負けるとシーン26へ飛びますが、白垣戦に戻って勝った後、もう1度シーン26を選ぶと、まだシーン25までプレイしたことが無くてもシーン25から来た扱いになります。

フローチャート方式を採用していれば
シナリオのフラグ確認が楽になったんですがね…
同じシナリオ名でも確認するのに会話パートの内容の違いしか無いので、久し振りに指すとなると会話の違いなんか覚えていませんし、どのフラグが立っているのか確認するのは面倒でした。


4.どうでもいい話。
ホントにどうでもいい話ですが、
玲と生徒会長の制服のデザインが一緒なんです。
「盤上の向日葵」の宮本の初登場の話や哲が高校に行く話を見る限り、同じ学校とか中高一貫校という訳でもなく、学校は違うところにあるようです。
これは、シナリオが初期の段階では玲と生徒会長が同じ学校の生徒だった設定と推測出来ますが、確証はありません。
シナリオ設定する人とデザインした人の間にケアレスミスがあったのか単にデザインに手を抜いただけなのか本当のところは分かりません。
5.デイジーをもう一輪の感想。
今回の攻略には時間がかかりました。

実は攻略よりもフローチャート作りが
一番時間かかりました。
(合間に作ってるとは言え、製作期間約3日です)

攻略の下書きの段階ではストーリーの詳細を多めに書いていましたが、全体量が倍ぐらいになったのでストーリーの内容を書くのを抑えました。

それと今回のシナリオでは王手を連続でかけてくることが少ないです。推測ですが、恐らくマイナビさんの工夫だと思われます。

前作のように、すぐに勝敗が着く問題では将棋ソフトは評価値を落とさないために水平線効果から王手を連続でかけてきます。

これは将棋ソフトの宿命みたいなものだと仕方無いと思ってますが、今回のシナリオでは相手の持ち駒を減らしたり、戦況が優勢でもあえて、すぐに勝勢や勝利確定など戦況にならないような問題を作ることで水平線効果による連続王手を指しにくくする工夫がありました。

さらに前作と違って、相玉問題の詰将棋は無くなり、一手で終わるような次の一手問題や単調な展開になる対局はかなり減りました。

その為、初手だけを書いて基本方針をまとめる、という攻略がほとんど破綻した対局も幾つかありました。これは反省点でした。これらの経験がネットなどの実戦で活かせるようになりたいんですが。

前にも書きましたが、「有段者向け」の攻略を書くつもりはありません。「級位者向け」の攻略でも幾つかの対局で詳細まで書けなかったので、もしも私が有段の棋力があって有段者向けを攻略するなら、簡潔な感想だけに留めると思います。

最後に、思い付きから始めた事でしたが

こんな記事に最後まで目を通してくれて

ありがとうございました。