将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

右四間飛車まとめ

今までに紹介した右四間飛車をざっくり振り返ります。紹介した順番はバラバラになりますが、ご了承ください。

四間飛車の棋書の方針は上達していくことを前提にしているため、基本形の急戦よりも覚えることが多くなる持久戦をメインにした解説の棋書が多めです。


初級者でも読みやすい一冊です

創元社四間飛車戦法 先崎学

読みやすさはダントツで一番ですが、私のような初級者は左美濃穴熊のような手数の掛かる囲いを採用する機会はあまりありません。

急戦調になりやすいのに、急戦の解説は振り飛車側が右四間飛車対策をしている右四間飛車は戦えないと判断しています。

元々、持久戦で戦う方針なので、仕方無いんですが、あまり採用しなさそうな戦い方が目立ちます。

ですが、左美濃穴熊の注意点を初級者に説明しているのは良いポイントでした。
(安直に組むと駒打ちされると注意してます)


唯一の対居飛車オンリーの棋書です

創元社居飛車四間飛車戦法 屋敷伸之

四間飛車というより居飛車・攻め将棋の指し方と感覚を学ぶ感じの棋書です。

私は振り飛車党なので、居飛車の感覚があまり分からないので参考になりました。

個人的にはお気に入りの一冊です。


四間飛車次の一手形式の棋書

浅川書房 右四間で攻めつぶす本 中川大輔

今までに紹介した棋書で唯一の問題集です。正否に関わらず、出題の意図を考えることは大切なことです。

定跡書と異なり、一手一手の指し手の考え方を説明してあるのは大きなポイントです。

これも私のお気に入りの一冊です。


基礎をしっかり学ぶなら、この一冊

マイナビ すぐ勝てる!右四間飛車 中川大輔

他の棋書よりも急戦を多めに丁寧に解説しています。文体と構成のクセを除けば、かなり秀逸な棋書です。手筋も多く説明してあるのもポイントです。

初段まではこの一冊で賄えると思います。


最後は絶版さえしてなければ一番のオススメ

毎日コミュニケーションズ
三浦流右四間の極意 三浦弘行

先述の「すぐ勝てる!右四間飛車」と同じぐらいのページ量で基本を解説していますが、急戦と持久戦を細かく解説しているので、広く浅い印象です。

基礎をしっかり身につけるのは難しいです。

ですが、飛車先不突+居飛車穴熊という、思いきったコンセプトは着地点がハッキリしてるので読みやすいです。

特に、なにがなんでも四間飛車を駆逐したいという方にオススメします。

ですが、振り飛車党へ右四間飛車対策としても読める棋書で、今までに紹介した棋書の中で一番のオススメです。


「すぐ勝てる!右四間飛車」での最初の一文に

要は相手が角道を止めてきたならば、
四間飛車を指す条件は整ったと言うことに
なるわけである
という記述があります。

最序盤で角交換をするのが当たり前になった、現代の振り飛車では右四間飛車は通用しなくなった印象を受けたんです。

なんですが…実際にネットで試してみると、私と同じぐらいの実力なら、角交換に角打ちに警戒しつつ、駒組みと仕掛けの準備をした後に自陣角を打っても割と大丈夫でした。

棋書で覚えた攻め方と順番が変わっちゃうんですが、何とかなるもんです。

振り飛車だと、美濃囲いが堅いから何とかなる。
居飛車だと、攻め駒がある程度敵陣に残ってたら
何とかなる。

どんな戦法でも覚えるからには「覚悟」と「根拠の無い自信」が無いと好きな戦法って指せないと思います。

正直、右四間飛車をメインに指してる方が今までの記事を読むと不愉快になるのでは?と不安でした。

全く知らない人が好きな戦法の上っ面を撫でていく訳ですから、見る人によっては好きなものを汚される気分になるかもと思ったんです。

私も鼻をほじりながら四間飛車指してるのを見たら、その指を鼻の奥に押し通してやりたくなります。

だから、例え中途半端な修得になったとしても、右四間飛車を学んでる途中で嫌いになってたら記事にするつもりはありませんでした。

そして今、楽しいです。右四間飛車。これ、何度も書いてますが、ホントに楽しいです。これも前に書きましたが、振り飛車に還元出来れば、さらに充実するんですけど…


最後に右四間飛車を学んだ理由ですが、「振り飛車に還元したい」というのが一番の理由です。

元々は苦手な戦法なので、対策に勉強してたら、自ら指した方が対策になるし、攻め将棋の勉強にもなると一石二鳥じゃね?と思い立ったのがきっかけです。

悩みを考えるのをやめた方が楽ですが、私は考えるのをやめるのが嫌いです。

性分ですね、せめて悩むなら、分割して考えることにしました。

その結果、いっそのこと、攻め将棋を最初から覚えた方が良いと思い、右四間飛車を勉強したんです。

これも何度も書いてますが、棒銀だと成功しても、そこから攻めの形を構築するのは難しいと思います。ですが、右四間飛車ならリズムが止まることなく攻め続けられるのでは?と思ってました。

ところが、攻めの流れが止まる瞬間がありました。それは

一旦、守りに入る時(囲いを組み換える)と
終盤、敵陣にある攻め駒から
どれを寄せた方が早いか選ぶ時です。

例え攻め駒が多くても、寄せる時に利きを遮っていたら切らないとマズイですし、切っても手番を維持できるかどうか考えないといけません。これは居飛車振り飛車関係ありません。

でも、振り飛車指してると、終盤まで戦況と戦力を整える作業が続いたりして、考えが煩雑化したりするんです。

まあ、そこは「四間飛車上達法」がかなり参考になったんですが、閑話休題

これからは、右四間飛車振り飛車もメイン戦法として指していきます。

上達するスピードがとんでもなく遅いですが、まるで花が咲くように、気長に待つ感じで指していくつもりです。

恐らく、将棋で悩むことが無くなったら、それは将棋をやめる時だと思います。
前もこんな空気になったけど
将棋やめないってマジで。ホントに。
ぜってーやめねぇからなコノヤローッ


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

すぐ勝てる!右四間飛車を買いました

前の「対居飛車四間飛車戦法」を紹介した記事で、残り一冊の紹介は9月中旬頃になる予定だと書きました。

ギリギリ間に合いました。頑張れば何とかなるもんですね。

約1ヶ月に渡って紹介してきた右四間飛車の棋書ですが、今回が最後になります。

最後は右四間飛車スペシャリストである、中川大輔先生の棋書で締めくくります。
ホントは取り寄せたら思ってた以上に
届くのに時間かかっただけです

・すぐ勝てる!右四間飛車
(マイナビ 中川大輔)

本書は全編 対振り飛車の解説で
全ての章で飛車先の歩を突いていくパターンです。

第1章から第3章までは右四間飛車が先手番で
第4章実戦編は中川先生の棋譜を収録。
実戦編の中には後手を指してる棋譜もあります。

本書の文体から中川先生の熱さが伝わります。まるで、昔のロボットアニメであった「必殺技」を修得するようなノリです。

文体の熱さに対して、内容は冷静に解説してます。四間飛車対策と右四間飛車を指す際につまずきそうなポイントは一通り押さえてあります。

マイナビBOOKSさんの購買サイトの備考に
「初中級」と書かれていますけど…
内容的には合ってますが
文体や構成にクセがあるので妥当とは言えません。

以前「右四間で攻めつぶす本」を紹介した際に「こすっからい」って、あまり使わないんじゃね?と書きました。

本書は中川先生のやる気が全開で「右四間で攻めつぶす本」よりも文体のクセが強く、読者を置いてけぼりにする勢いです。中には、指し手の理由をバッサリ切り捨てたところもあるので、読む人によっては好き嫌いが出そうなところかと思いました。

と言っても、言葉のクセを除けば、解説自体は分かりやすく、右四間飛車の基礎を正しく学べる定跡書です。急戦から解説しますが、本書のメインは持久戦で、右四間飛車居飛車穴熊の指南です。

もうひとつ気になるのは解説図の構成で、解説図に対して文面のボリュームが多目なので、解説図と文を読む際にページをまたいで読むことが他の棋書より頻繁です。

ですが、その問題は将棋ソフトを使えば簡単に解決できます。将棋ソフトなら必要な手数まですぐに戻れるので、将棋盤より楽に勉強できます。参考に。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段に近い方
(語彙力に自信のある方なら初級者も大丈夫です)
・右四間飛車の指し方、考え方から知りたい方
・右四間飛車をもう少し勉強したい方
・力戦寄りの振り飛車で対抗してくる
相手の対処法を知りたい方
(第4章の実戦編で力戦振り飛車の解説があり
力戦でも右四間飛車の基本指針を知れば
戦えると丁寧に説明しています)
本書の項目はこちらです。

第1章 急戦右四間飛車
古典定跡に中川先生の研究成果をミックス。
四間飛車の基礎をキッチリ学んでいきます。

第2章 持久戦 居飛車穴熊
本書のメインは持久戦+居飛車穴熊です。
銀冠相手に居飛車穴熊で対抗する手順と
相手が持久戦に応じず、速攻策に打って出た場合の
2パターンの居飛車穴熊の戦い方を解説します。

第3章 相穴熊
持久戦の中でも、特に堅い戦形の相穴熊
穴熊では振り飛車(後手)側が不利だという理由を
居飛車穴熊の特性を指南しながら
解説していきます。

第4章 実戦編
最後は中川先生の実戦譜から
四間飛車に必要な手筋と考え方を解説します。
初心者あるあるの
「少しでも定跡外れたら、全く対応できない」
この理屈も説明しています。


これまでに右四間飛車を解説した棋書は他に何冊か紹介してきました。振り飛車側の考え方や意図を説明した棋書はあっても、本書のように右四間飛車側の考え方や基本方針を丁寧に説明した棋書は少ないです。

先述しましたが、文体や構成に多少クセがあったりしますが、右四間飛車を始めるなら本書をオススメします。

四間飛車次の一手方式の問題集である、「右四間で攻めつぶす本」と併せて読むのも良いと思います。

ところで、以前紹介した三浦先生の「三浦流右四間の極意」と居飛車穴熊で戦うというコンセプトが似てますが、方向性が異なります。

「三浦流右四間の極意」が四間飛車側の思考を紐解いて右四間飛車の方針をアプローチしているのに対し、本書は右四間飛車側を中心に解説しています。

「三浦流右四間の極意」は私のような振り飛車党にも参考になる手順が多く、右四間飛車対策としても読めるんですが、本書は右四間飛車を学ぶ本だと割り切った方が良いと思います。

個人的には「三浦流右四間の極意」の方が分かりやすいです。しかし、分かりやすさなら先崎先生の「右四間飛車戦法」の方がもっと分かりやすいです。

ですが、本書はこれらの棋書よりも右四間飛車の基礎を多く解説しているので、基礎を学ぶならまずは本書をオススメします。


今までに何冊も右四間飛車を紹介しましたが
「右四間飛車は楽しい」この一言につきます。

次回は、今までに紹介した
四間飛車の棋書を雑にまとめる予定です。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]


下 書 き を 寝 ぼ け て 書 い て た の で
修 正 の 方 が 時 間 か か り ま し た 。
右 四 間 を 右 ス ト レ ー ト と か 書 い て る し 。

ワケわからん

机の上が散らかってきたので、整頓ついでに放置してた壊れたノートパソコンをしまおうとしたんです。

ですが、ノートパソコンをしまう前に何か惜しくて…もう一度、電源を入れると動きました。もうワケわからないです。

設定画面になったので、マザーボードは無事のようです。ということは、内蔵電池が切れてるのが原因だったようです。長い間使わなかったのが良かったのかもしれません。

前に近くのパソコン修理専門店に見積もりを出したら「マザーボード壊れてるし、修理に5万かかるから買い換えた方が良いかも?」とか言ってたんですが…

その店、販売はやってないので下心でパソコンを売りつけてくるとか無かったんですが、これ知ったら店側もビックリでしょうね。

自分で電池交換出来るのかな?と思い、調べると電池の位置がかなり奥にあって、いくつもの分解する工程があって、素人には難しそうなので諦めました。

それに、電源切っちゃうとまた動かなくなりそうで怖いです。

ちょっと動作が重くなってるので不安です。残ってるデータをフラッシュメモリーに移動中です。将棋ソフトの動作確認なんて後です。ってデータの移動も重い…大した量じゃないのに移し終わるの明日になりそうだ…

このパソコン、棋譜のデータを移動中にハードディスクが壊れたので、棋譜が取り返せないのが悔しいです。パソコンの方に残ってた棋譜もダメでした。

改めてテンションだだ下がりですが、ここは我慢の一手です。うーん。パソコンは買い換えた方がよさそうです。怖いので。

対居飛車 右四間飛車戦法を買いました

前回の「右四間飛車戦法」は対振り飛車でしたが
今回は今までとは異なり
居飛車のみを解説した棋書になります。

・対居飛車四間飛車戦法
(創元社 屋敷伸之)

本書は全編 対居飛車の解説で
飛車先の歩を突いて対抗します。

手番は全ての章で右四間飛車が先手です。

競艇の解説はありません。

本書は右四間飛車居飛車に対抗するというスタンスで、一冊全てが居飛車に対抗した解説の棋書は多分、他には無いかと思います。

前に私は級位者向けに攻め方が学べる棋書は少ないと書きました。本書はその中でも特に攻めに比重を置いた解説が特徴です。

有段者からは「それ、必修だから」と一蹴しそうな内容だと指摘を受けそうだと思いましたが、級位者にそれらを知る機会は意外と少ないので、攻め将棋を修得していくのは難しいのです。

表紙には「右四間飛車のスピーディーで
明快な手順は、攻め好きの方にピッタリ。」

と謳ってます。

級位者向けの居飛車の定跡書の中でも
攻め方を平易に説いた棋書だと言えます。
元々破壊力のある戦法である右四間飛車
攻め将棋の解説は相性が良いと言える証左です。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段っぽい方
棒銀以外の相居飛車を学びたい方
(初級者向けの棒銀に飽きた方には良いかも)
・右四間飛車と攻め将棋を学びたい方
・矢倉、雁木、角換わり相手に
どう対抗したいのか分からない方
(双方の実力が級位者ならオススメします)
本書の項目はこちらです。

第1章 対矢倉編
4筋に戦力を集中して戦う、基本の解説です。
序盤の銀の使い方を丁寧に解説します。

第2章 対矢倉☗3八飛型編
3筋、つまり袖飛車から攻めていく戦い方の解説。
袖飛車で力を溜めてから攻めの形をつくる
戦い方の幅を広げていく応用編です。

第3章 対雁木編
反撃能力に優れ、なおかつ四枚で囲う雁木を
速攻策で攻めつぶしていく解説です。

第4章 対角換わり編
角交換には二枚銀で対抗して攻めつぶす解説
本書の中でも特に一番激しく攻めていきます。


四間飛車ひとつで堅い囲いから、柔軟に対応する相手まで攻め将棋で対抗します。

一方、右四間飛車側の囲いはあまり堅くありません。ですが、囲わずに戦うのはダメだとハッキリ書いてます。
(全ての章で左美濃?っぽい囲いで守ります)

囲いについては、左美濃のような、堅い囲いを組むかどうかの判断に関しては、自分の好きな方か相手の囲いに合わせて組んでいくことになりそうだと、ざっくりと書いてます。囲いの管理は「三浦流右四間の極意」などの他の棋書で補う必要があると感じました。

居飛車の戦い方と、攻め将棋に必須な手筋の指南と個人的に収穫はありましたが、前回の「右四間飛車戦法」同様、級位者向けなので最小限に纏めた分、全体的に内容が少ない印象を受けます。

とは言え、居飛車の基本を学ぶのに十分な量です。

例えば、原始棒銀だと棒銀が成功しても、攻めのリズムが止まる瞬間があります。初級者はここからどう勝ちきるのかノウハウが無いので勝てないんです。

要は攻めることは出来ても
勝つまでに必要な攻めの形を構築する
ノウハウを身につける必要があるのです。

ざっくりした感想は、本書は居飛車らしい戦い方、攻めの形を易しく学べるところが良いポイントですね。

それと…先述しましたが、前回の「右四間飛車戦法」もそうですが、得られることは少ないので他の棋書で補う必要があるのも事実です。

正直、私の初級者のような方で右四間飛車を基本から学びたい人以外にはあまり納得のいく内容だとは言えません。

「右四間飛車戦法」
「対居飛車四間飛車戦法」

この2冊に関しては
過度な期待をするような棋書ではないというのが
今回の結論です。

まだ将棋をはじめて日が浅く、難しいことをまだ覚えられない方で、なおかつ中古で手頃な値段で買えそうなら買っても良いのでは?という感じです。

ただ、振り飛車党なら本書は要らないと思います。右四間飛車対策として読もうにも相居飛車ですし…攻めの形を学ぶには良いんですが、強くは推せないです。


1ヶ月近く続いている
四間飛車の棋書の感想ですが
残り一冊になりました。

ですが、色々諸事情がありまして
残り一冊の感想は9月中旬頃になります。
ご了承願います。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

右四間飛車戦法を買いました

創元社の棋書は級位者向けに合わせたものが多くて、私も良く読んでいる棋書があったりと、いつもお世話になってます。

それと、電子書籍も積極的に取り入れているのも特色ですね。

今回は、その創元社の棋書を紹介します。

・右四間飛車戦法
(創元社 先崎学)

本書は全編 対振り飛車の解説で
全ての章で飛車先の歩を突いていくパターンです。

手番は全ての章で右四間飛車が先手です。

本書は右四間飛車の基本が学べますが、ホントに基本を重点に置いているので内容は少なめです。

表紙に「簡明さ、勝ちやすさは他に類を見ない。」
と謳ってますが、第1章の舟囲い編で…
詳細は省略しますが
「そんなことは無かった」と痛感します。

ですが、本書が必要ないとは思えませんでした。

恐らくですが、右四間飛車の定跡書の中でも
本書が一番簡明な定跡書だと思います。

以下に当てはまる方にオススメします。

・棋力が級位者から初段っぽい方
・右四間飛車を分かりやすく学びたい方
・舟囲いから他の囲いへ発展させたいが
組み直すタイミングが分からない方
本書の項目はこちらです。

第1章 舟囲い編
最序盤で飛車先の歩を突く、突かない意味から
丁寧に解説してくれます

第2章 左美濃
左美濃ですが、即座に米長玉へ組み換えます
[その理由もちゃんと解説してくれます]

第3章 穴熊
穴熊を組んだことが無い人でも分かりやすい
平易な解説で、雑に組むとどう咎められるのか
振り飛車側の行動も丁寧に解説します


舟囲い・左美濃穴熊と3種類の囲いの解説ですが、第1章の舟囲い編、急戦で振り飛車側が最善手で対応すると成立しないと結論付けています。

四間飛車の基本と、舟囲いから左美濃穴熊へ組み直すタイミングや手順を学ぶ囲いの取扱説明書のような一面もあります。

振り飛車党の私の感覚ですが、居飛車振り飛車よりも囲いを組み換えるのが難しいので、このポイントを丁寧に解説してあるのは参考になりました。

先述しましたが、本書では急戦での舟囲いは戦えないと結論付けていますが、舟囲い編で右四間飛車の基本を学び、メインは左美濃穴熊での戦い方の解説になります。

左美濃穴熊、どちらを組むかは自分の好きな方か相手の囲いに合わせて組んでいくことになりそうです。

戦い方から囲い方、基本的な手筋の指南と勝つために必要な戦術が学べますが、級位者に覚えてもらうためなのか、情報を最小限に纏めた分、全体的に内容が少ない印象を受けます。

それでも、右四間飛車の基本を学ぶのに十分な量だと思います。私は今までに紹介した棋書があるので参考になる部分が少なかったんですけど、囲いの組み換える手順と考え方は参考になりました。

あと、以前から気になってた飛車先の歩のことですが、歩を突いておくことで相居飛車になった場合に対応するための手順だと知りました。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]