将棋ノート(将棋初級者奮闘記)

大人になってから将棋を始め、将棋の上達をこじらせてしまった私の奮闘記です。

ガルパンと将棋の親和性が高いと思いますが(以下省略) 後編

前編で、戦車とかルールと主人公の大局観が似てると書きました。

前回は蛇足だらけで長くなったので、やっとここから本題です。ちなみに戦車道のルールの話は前回似てるポイントをざっくり書いたので端折ります。

なので後編では戦車と大局観について将棋と合わせて書いていきます。


とにかく、高校ごとに特色が濃いです。全ての高校を書くとキリがないので、将棋に例えやすい高校だけを説明します。

主人公の率いる「大洗女子学園」は戦車道をやめてかなりの年月が経ってて、古くて処分出来ずに放置されてた戦車を使用してます。

将棋で例えると常に駒が足りない状態、かつ古い定跡を強いられながら戦ってるようなものです。


練習試合では強豪校である「聖グロリアーナ女学院」と試合しました。

聖グロリアーナ女学院は浸透強襲戦術という戦術を採用してきました。簡単に説明すると、戦車の堅さにものを言わせて正面から攻撃を受けながら攻めていく戦術です。
財力もあるのだが、そのスポンサーが足枷。
愛着から戦術や戦車の採用に干渉してくるため
新戦力を取り入れられないのが弱点。
ナベツネみたいなもんです。

将棋で例えるなら、穴熊よりも総力戦に持ち込みやすい矢倉に近いです。


公式戦ではサンダース付属大学高校という、すっげぇリッチな高校が出てきます。堅実な一面があり、故障の少ないタイプの戦車を好み、少しの故障なら車両ごと交換し、かつ代わりの戦車が多いため、常に安定感のある試合運びが出来る高校です。トーナメント戦を勝ち抜いていくことを見越した長期戦の大局観を持ってます。

将棋で例えると、プロ棋士に好まれる戦法、角換わりだと思います。雰囲気とか、あらかじめ終盤を見越してる戦型とか似てるでしょ?


主人公である、西住みほが大洗女子学園の前に通ってた高校、黒森峰女学園はこの作品での登場する高校の中でも圧倒的な強豪校で、統率のとれた動き、隊列を組んでの集中攻撃を得意としています。

攻撃力の高い戦車と火力を活かした戦術を駆使する反面、隊列を少しでも崩されると逆に包囲されやすくなるリスクのある戦術はゴキゲン中飛車に似ています。


他にも個性的な高校が出てきますが、省略します。ガルパン知らなくても、個性的な校風や好んで使う戦術など、将棋の指し方と似てると感じたところが伝われば良いのですが。


最後に主人公、西住みほの大局観です。

西住みほは戦車道の家元の出身ながら、落ちこぼれという人物なんですが、試合経験が他の高校の隊長よりも圧倒的に多いのが特長です。以前、強豪校である黒森峰にいたのも大きいと思います。強豪校にいた頃、練習相手が強かったと語る一場面もありました。

この作品、ホントに色々な高校が出てきますが、西住みほだけが相手が確実に倒しにくる手順、つまり最悪の結果を正確に予測して言い当てています。

他の高校の隊長に、これだけ正確な予測を立てた人物は他にいません。

元々、西住みほ率いる大洗女子に戦車や人員が少ないとはいえ、みほの選ぶ戦法が奇抜すぎて山崎隆之そのものですが相手からすれば予測しようがないんです。

どんな状況でも、その時に残ってる戦力で最善策を練り、結果を出したのも、みほだけなんです。

将棋で例えると、どのくらい攻められると詰むか詰まないかを正確に判断し、どの駒を活用すれば打開出来るかどうか、さらには正確に詰ます手順も同時に考えています。

「詰めろ」と「必至」だけでなく、「詰めろ逃れの詰めろ」など難しいことを難なくこなしてるので

多分、西住みほは将棋も強いと思います。


まあ、ガルパン観ても将棋は上達しませんが、みほのように経験を積み重ねるのかが、上達の道だと感じました。

要は対局ひとつひとつから、どう汲み取って考えていくことは大切だと言いたかったんです。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

ガルパンと将棋の親和性が高いと思いますが(以下省略) 前編

あのー、更新が滞ってすみません。

正直に更新が滞ってた理由を書くと、銀魂観たこと無かったんで最初から観てるのが原因です。

今回は銀魂と全く関係ありません。はい。

唐突ですが「ガルパン」って、ご存知ですか?

ガルパンとは、2012年に放送されたアニメ「ガールズアンドパンツァー」というタイトル名の略称です。

簡潔に説明すると、女子高生が戦車に乗って試合に挑む「戦車道」という架空の武道に邁進するアニメです。タイトルに戦車がつきますが、ジャンルは戦争物ではなく、どちらかというとスポ根アニメです。

戦車に乗って戦いますが、武道であることと、戦車内が特殊なカーボンで守られているという謎の設定により、誰ひとり死ぬことはありません。

ざっくりストーリーを書くと、訳あって戦車道をやめた主人公の「西住みほ」が戦車道の無い高校の大洗女子学園へ転校したんですが、そこの生徒会が突然、戦車道を復活させ、なりゆきで戦車道に参加することになり、さらには戦車道の全国大会に出場して優勝を目指す話です。

この作品の舞台が茨城の大洗でして、ガルパンと大洗の町全体を挙げたタイアップを色々とやってます。

実は今度の日曜日に大洗で「大洗あんこう祭」が開催されます。元々あんこう祭は20年ぐらい前からやってますが、ガルパンが放送された影響で、訪れる観光客が大洗町の人口を超えるほどの規模に増えています。気になる方は行ってみては?


ところで、本題のガルパンと将棋ですが、実は既にコラボしてるんです。

ガルパンのキャラクターをあしらった将棋の駒と将棋盤が発売中です。(天童製です)
キャラクター全てそろえると軽く10万超えます
ノリと勢いだけで買わないように
買うなら慎重に考えてください

親和性の高さの話ですが、ポイントをざっくり書くと3つあります。

まずは1つ目。この作品に出てくる高校がかなり濃いメンツだらけで、好みの戦車とその戦車を活かした戦法を使ってきます。戦車と戦術のところと将棋の駒や戦法が似てると感じたんです。

2つ目はフラッグ車という車両を一台決めておき、その相手チームのフラッグ車を撃破すると勝ちという独特のルールも将棋に似ています。
(相手の全ての戦車を撃破する形式の
殲滅戦ルールもありますが省略しました)

3つ目は主人公の西住みほの大局観です。

突然ですが、説明が長くなるので後編で。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

入玉って難しいし、おかしくね?

お久しぶりです。将棋と体調が絶不調の豆腐です。

早速、本題の入玉の話なんですが、私は自玉を相手陣に進めたことはことはあっても、入玉による宣言法での勝利と引き分けはしたことも、されたこともありません。

宣言法って条件が細かいですし、達成自体も難しいので滅多になることは無いと思います。

24点法や27点法で条件や規定が異なるので説明は省略しますが、宣言法はひとつでも条件を達成していないとその時点で負けになるので、初心者や低級者には安易に使えないです。

ですが、相手陣まで自玉を進めるのは高いリスクを伴いますが、それだけ入玉そのものは凄い状況です。なので、入玉を戦法のひとつだと解釈する方もいます。

こっちが難しいからと使わなくても相手が入玉しないとは限らないので、入玉する前兆や対策を知っておくのは良いと思います。
と言っておきながら
どう勉強したら良いのか少し困ってます。
何か良いアイデアが思いついたら書く予定です。


ところで、入玉って現実的に考えるとおかしいですね。

相手陣に自分の総大将を進めるって変な話ですよ。

例えるなら、文春砲に撃たれたタレントが
文藝春秋本社内で釈明会見するようなものです。

ドラマの相棒で犯人が警視庁内で
勝ち名乗りを上げるようなものです。

ただの自首じゃねーか。

将棋がゲームのひとつとは言え、それぐらい普通に考えても不思議なルールですよ。他に似たようなルールのゲームって聞いたこと無いですねー。

何かモヤモヤしたままですが、今回はここまでです。それでは、また次回に。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

定跡って大事だなって話(延長戦)

昨日の記事、少し書き足りなかったので補足もとい、延長戦です。

新しい定跡を覚えたら、と言いますか新しい戦法を覚えたら、実戦で試す前に将棋ソフトの駒落ちを数パターンほど試しに対局するのをオススメします。

理由は二つあります。

一つ目は新しい戦法をいきなり指しても、ちゃんと身についてるかどうかは、指してる本人も良く分からないからです。

実際に人と対局してみて通用しなかった時のモチベーションの下がり方は思ってるよりもキツいですよ。実戦でいきなり指すのはオススメ出来ません。

二つ目はあらかじめ駒落ちで複数試すことで、戦法の特性と弱点や問題点を見つけやすくすることと、対局経験を積んで、定跡をキチンと覚えているか確認することにあります。

低級者なら、八枚落ち、十枚落ちからでも良いので試してみてください。それでも多分、苦戦すると思います。もし、簡単に勝てるなら落とす駒を減らして試してください。

そして、覚えた戦法が通用しなかったポイントを必ず見つけてください。

定跡をただ覚えても、どこでつまずいたのか気づかないと、実戦で弱点や急所を攻められると対処出来なくて苦労をします。

最悪、頑張って新しい戦法を身につけても「この戦法使えない」と結論づけたら、勉強した意味とモチベーションが無くなります。

今、コンピュータ将棋がかなり強いですが、どんな戦法が相手でも勝てる必勝法は今のところありません。

なので、新たに定跡を身につけるということは、同時に新しい弱点と急所、課題もついてくるということを知ってください。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]

定跡って大事だなって話

恥ずかしい話ですが、右四間飛車を勉強するまで上手飛車落ち相手の右四間飛車定跡があることを知りませんでした。

駒落ち定跡を全く知らないという訳では無いです。二枚落ちの駒落ち定跡のひとつ「銀多伝」なら指せます。
でも私、中飛車アレルギーなので
銀多伝を指すと途端に弱くなるんです。

将棋を始めてから2年ほど四間飛車一本で指してましたが、一時、四間飛車に行き詰まったんです。色々試行錯誤してる時に、高橋道雄先生の棒銀中飛車駒落ちを勝て!という棋書で駒落ちを勉強したんですが、この棋書は定跡書というより将棋の戦い方の基本を説いた戦法書寄りの棋書なんです。

最近、上手飛車落ち対下手右四間飛車の定跡を勉強する機会があったので、少ーしだけ勉強したんです。

それから駒落ち定跡を勉強したいと思うようになったんですが、駒落ち定跡書は持ってません。欲しいんですが、駒落ち定跡って色んな駒落ちの戦型を扱うので、ページ数も多く、評判の良い棋書だと中古本でも単純に値段が高いです。

今までは駒落ち定跡を勉強するという考えは無かったですが、少しとはいえ学んでみると他の駒落ち定跡に関心が出てきました。

しばらくは新しい戦法を学ぶことは無いだろうなーと思ってなかったんですけど、右四間飛車を勉強したことで、また新しい課題が出来ました。

駒落ちって、最初から戦力が少ない状態戦う、上手の方が上達や成果が挙げられそうな気がしますね。


まとめページはこちらです。
[直接クリックでジャンプします]